株式投資の学校 ファイナンシャルアカデミー

個人投資家に小型株投資がおすすめな3つの理由

投稿日:

個人投資家は小型株に投資

なぜ、個人投資家小型株投資すべきなのか?

その理由について解説していきます。

実は、小型株投資には大型株投資では実現できないメリットがあります。

このメリットを十分に活かせれば、資金の少ない個人投資家でも、大きな利益を短期間で稼ぐことができます

プロが参入してこない(参入しづらい)

小型株とは、一般的に時価総額1000億円以下の銘柄のことを指します。

こういった小型株の大半は、東証1部に上場しておらず、東証2部に上場している場合が多いです。

東証1部は東証が定める審査基準をクリアした企業が上場しています。 東証2部は1部よりも時価総額が小さく、流動性も低い中小型株が上場しています。
参考:東証1部と2部の違いは? 株主数や流動性に違い|マネーコラム|NIKKEI STYLE

 

小型株は大型株よりも時価総額が低く、流動性も低いので、数百億円〜数千億円を一気に動かすプロ投資家(機関投資家、ファンドマネージャー)には好まれていません

そもそも、プロ投資家が運用するファンドの中には、東証1部の銘柄しか保有してはいけないというルールが定められている場合もあります。

 

しかし、個人投資家にはなんの制約もありません

 

ですので、プロ投資家が目をつけていない(投資したくても出来ない)、割安で放置されている有望な小型株に投資できるというわけです。

ビジネスモデルがシンプルでわかりやすい

小型株は大型株のようにいくつもの事業を展開していません。

シンプルで単一の事業の会社が多いです。

ですので、初心者投資家であっても、会社が行っているビジネスを理解しやすいです。

シンプルなビジネスだと財務分析もしやすいので、将来の業績予想がしやすいです。

株価が勢いよく上がりやすい

例えば、時価総額800億円の有望な小型株があったとしましょう。

この銘柄は、小型株であるがゆえに、プロ投資家は投資したくてもできません。しかし、個人投資家はできます。

で、個人投資家が次々とこの小型株に投資し、株価が上がり、時価総額1000億円以上になったとします。

この時点で、プロ投資家の投資範囲の株になるので、一気にプロ投資家の数百億〜数千億円といった大きな資金が流れ込んできます。

 

プロ投資家の資金が流れ込んでくると、今までとは次元の違うスピードで株価が上がってきます

 

これは小型株→中・大型株のステージで起こる独特のイベントで、大型株投資にはない小型株投資ならではのメリットです。

この波に乗れると、個人投資家は短期間で一気に資産を増やすことが出来ます。

まとめ

  • 小型株はプロ投資家が投資しにくい(有望な銘柄が割安で放置されている可能性が高い)
  • 小型株はビジネスモデルがシンプルでわかりやすい(業績予想が簡単)
  • 小型株が中・大型株に成長すると、投資資金が一気に増える

以上が、個人投資家に小型株投資がおすすめな3つの理由です。

誰もが知っている有名な会社の株に投資するのもいいですが…

誰も知らないお宝銘柄を発掘して、短期間で爆発的に資産を増やせる小型株投資には夢があります。

参考リンク

株式投資スクールまとめ
ファイナンシャルアカデミー「株式投資スクール」の内容まとめ

お金に関するオンラインスクール「ファイナンシャルアカデミー」の『株式投資スクール』講座内容まとめです。 ⇒ 全てのWEB受講を見て、テキストを読んで、私が重要だと思ったことをまとめました。 株式投資に ...

-株式投資の学校, ファイナンシャルアカデミー

Copyright© シンプル資産運用術 , 2019 All Rights Reserved.