株式投資の学校 ファイナンシャルアカデミー

【投資銘柄の選び方】株価が上がる銘柄を見つける3つのポイント

更新日:

投資銘柄の選び方3つのポイント

株式投資スクールの全講座を学び終えましたので、本記事から学んだことをシェアしていきたいと思います。

 

まず始めは「投資銘柄の選び方」を紹介します。

 

そもそも、これを知っておかないと投資で儲けることはできません。ですので、株式投資スクールの講座内容の中で最も大切な部分といっても過言ではありません。

とはいえ、全然難しくないので大丈夫です。

3つのポイントを覚えておくだけで、初心者でも簡単に上がる株を見つけられるようになります。

投資銘柄の選ぶための3つのポイント

  • 業績が良い
  • PERが割安
  • チャートの形が良い

以上3つが、上がる株を選ぶための3つのポイントです。

それぞれ詳しく解説していきます。

「業績が良い」とは?

ここでいう「業績が良い」とは、単純に「利益が伸びている」ということではありません。

以下の3条件を全てクリアしていれば「業績が良い」と判断します。

  1. 売上と利益が毎年順調に伸びている(拡大)
  2. 業績予想が上方修正傾向である(上振れ)
  3. 業績の良さが持続可能である(持続性)

1.売上と利益が毎年順調に伸びている

上場企業は、自社の売上や利益などの情報を「決算」で株主に公開しなければなりません。

決算で公開された情報は、四季報という本にまとめられています。

ですので、四季報を読めば、その企業が過去から現在までどれだけ売上を伸ばしてきたのかわかります。

四季報から投資したい企業を見つけ、その企業の売上・営業利益・純利益が順調に伸びていれば、業績が良いと判断できます。

2.業績予想が上方修正傾向である

四季報には、上場企業の過去から現在までの決算情報の他に、将来(来年)の決算予想値も掲載されています。

将来の決算予想値は、四季報が独自に調査して算出したものと、その企業自身が予想したものの2つが掲載されています。

この予想値は、決算時期(大抵は3月)が近づくに連れて、修正されていきます。決算が近づくほど正確な予想ができるようになるからです。

で、この予想値の修正が上方修正されると、もともと予想していた業績を上回ったということですから、業績が良いと判断できます。

3.業績の良さが持続可能である

業績の良さは、四季報に掲載されている決算の数字を見ればわかりますが、業績の良さが持続可能かどうかは、想像力は働かせる必要があります。

 

例えば、いくら今業績が良くても、競合企業がヒット商品を販売すれば、売上が下がるかもしれません。

そもそも、縮小市場(タバコやデジカメなど)で商売をしている企業であれば、いま以上に利益を伸ばせないかもしれません。

 

・・・と、いうように、投資しようとしている企業が将来どうなっていくのか考えなければならないということです。

もちろん、将来は不明確ですから、「こうすれば必ず当たる!」というような予想の仕方はありません。

ただ、独自の強みがあり、売上拡大余地がたくさん残されているのであれば、業績の良さは持続可能であると判断できます。

他社が簡単に追随できない独自の強みがあれば、利益が圧迫されることはありませんし、売上拡大余地がたくさん残されていれば、まだまだ商品やサービスを買うお客さんはいるということになりますので。

 

以上、「売上と利益が順調に伸びている」「業績予想が上方修正傾向である」「業績の良さが持続可能である」という3つの条件をクリアしている企業が、業績が良い企業ということになります。

「PERが割安」とは?

PERが割安…の前に、そもそもPERとは何か?ということですが、これは株価の割安さを示す株価指標の1つです。

PERは以下の計算式で算出します。

 

PERの計算方法

PER=株価÷1株益

 

要するに、株価が1株益(純利益÷株式発行枚数)の何倍かを表しているわけです。

一般的なPERの値は15だと言われています。ですので、PERが15より低ければ割安、15以上だと割高と判断できます。

ただ、PERは業界によって平均値が変わります。例えば、食品業界の平均PERが15であっても、車業界の平均PERは5であったりします。

ですので、なんでもかんでもPER15を基準にするのではなく、投資しようとしている企業の業界の平均PERを基準にする方が良いです。

それぞれの業界の平均PERは、モーニングスターの東証一部業界別データで調べることが出来ます。

参考:モーニングスター [ 東証1部業種別データ ]

「チャートの形が良い」とは?

任天堂のチャート_01

参考:任天堂(株)【7974】:株式/株価 - Yahoo!ファイナンス

チャートとは、日々の株価を結んだ線のことです。

上画像の赤と緑の線がそれに当たります。

このチャートの形が上昇していると、徐々に株価が上がり始めて上昇トレンドに入っていることを意味します。

上画像の赤い線のチャート(13週移動平均線)から判断すると、任天堂は徐々に株価が上がって上昇トレンドに入ってきてるのかな?と推測できます。

上昇トレンドにある株は、そのまま上昇していく傾向がありますので、下降トレンドの株を買うより安心です。

もちろん、あえて下降トレンドの株を買って反発するのを待ち構えるという、逆張り投資法もありますが、初心者のうちは流れに逆らわず、上昇トレンドの株を買っておく方が無難です。

まとめ

株に投資するときは…

 

  • 業績が良い
  • PERが割安
  • チャートの形が良い(上昇トレンド)

 

以上、3つのポイントをすべて満たした銘柄に投資するようにしましょう。

そうすることで、初心者でも損せず投資することが出来るようになります。

もちろん、上記3つのポイントをクリアした銘柄であれば、確実に稼げるというわけではありません。

ただ、なんとなくノリで投資するよりも、格段に稼げる確率は上がります。

参考リンク

株式投資スクールまとめ
ファイナンシャルアカデミー「株式投資スクール」の内容まとめ

お金に関するオンラインスクール「ファイナンシャルアカデミー」の『株式投資スクール』講座内容まとめです。 ⇒ 全てのWEB受講を見て、テキストを読んで、私が重要だと思ったことをまとめました。 株式投資に ...

-株式投資の学校, ファイナンシャルアカデミー

Copyright© シンプル資産運用術 , 2019 All Rights Reserved.