資産運用 ETF NISA

NISA口座で海外ETFを購入するメリットとは?

Why so serious?

楽天証券のNISA口座で海外ETFを買う方法」の記事で書いたとおり、私はNISA口座で海外ETFを購入しました。

「NISA口座で国内ETFではなく、海外ETFを買うメリットってあるの?」

と疑問に思われる方もいらっしゃるかもしれませんので、NISA口座で海外ETFを買うメリットを書いておきたいと思います。

まずは国内ETFにかかる税金の話から…

海外ETFにかかる税金

国内市場に上場しているETFには、以下のように売却益にも分配金にも税金がかかります。

 

  • ETFの売却益にかかる税金(約20%)
  • ETFの分配金にかかる税金(約20%)

 

米国市場に上場しているETF(海外ETF)の場合は、一旦米国で約10%課税されて、さらに日本で約20%課税されます

 

  • 海外ETFの売却益にかかる税金(日本約20%←売却益に関しては日本でのみ課税)
  • 海外ETFの分配金にかかる税金(米国約10%+日本約20%)

 

ですので、一般・特定口座で海外ETFを買うと、分配金に対しては約30%の税金がかかるというわけです。

(※外国課税控除した場合は、分配金にかかる米国約10%の税金の一部がもどってきます)

NISA口座で海外ETFを買った場合の税金

NISA口座で米国市場に上場しているETF(海外ETF)を購入すると、日本でかかる約20%の税金が免除されます。

よって…

 

  • 海外ETFの売却益にかかる税金(0%)
  • 海外ETFの分配金にかかる税金(米国約10%)

 

となるわけです。

一般・特定口座で海外ETFを買う場合と比べて、売却益・分配金ともに約20%お得ということですね。

ちなみに、NISA口座は日本の税金を非課税にする制度ですので、分配金にかかる米国約10%の税金はそのままです。

そもそも二重課税になってません(米国で1回のみ)ので、外国課税控除はできません

まとめ

  • NISA口座で海外ETFを購入すると、日本の税金約20%が免除される
  • 分配金にかかる米国の税金約10%は免除されない

以上です。

分配金に対しては、どうしても約10%の税金がかかってしまいますが、それでも一般・特定口座で買う場合と比べると、約20%お得ですからね。

個人的には十分満足しています。

【NISA口座】NISAにおすすめの証券会社 3社比較

NISA口座、開設しましたか? NISAは期間限定の特別な節税制度です。 NISAの内容については、すでに「NISA絶対活用!売買益にも配当金にも課税されないお得な非課税制度」で書いたので詳しいことは ...

【使いやすさNo.1】初心者のための証券会社

  • 楽天ポイントで投資信託が買える!
  • 10万円以内の取引手数料0円!
  • 海外ETF取扱360銘柄以上!

中〜上級者におすすめの証券会社

  • 口座開設者数460万人以上!
  • IPO取引銘柄数No.1!
  • 口座開設→最短翌営業日から取引可能!

米国株におすすめの証券会社

マネックス証券
  • 米国株取り扱い銘柄数3400本以上!
  • 無料でリアルタイム株価が見れる!
  • 米国株の時間外取引に対応!

-資産運用, ETF, NISA

Copyright© シンプル資産運用術 , 2019 All Rights Reserved.