節約 クレジットカード

楽天カードとamazonクレジットカードの二枚持ちがおすすめ!二枚目のクレカを申し込むならamazonクレジットカード

更新日:

Amazon

クレジットカードなら、楽天カードがおすすめということは、「楽天カードは節約におすすめ」の記事にてお話しました。最大6%のポイント高還元率(ゴールドカードなら7%)で年会費無料。しかも、審査も通りやすいので、若者でもフリーターの方でも簡単に作れるクレジットカードです。ですので、楽天カードは一枚目のクレジットカードとしてベストだといえます。

参考 楽天カード

しかし、楽天カードを最大限お得に使うためには、楽天市場で買い物する必要があります。amazonでの買い物で楽天カードを使っても、ポイント還元率は1%です。6%にはなりません。amazonでたくさん買い物する人にとって少し残念ですよね。

ですので、もしあなたがamazonでよく買い物するのであれば、楽天カード1枚持ちにこだわらず、amazonクレジットカードと楽天カードの二枚持ちで利用するのがおすすめです。

amazonではamazonクレジットカード。楽天市場では楽天カード。この使い分けで、楽天市場でもamazonでもお得に買い物できます。

amazonクレジットカードと楽天カードの比較

 楽天カードAmazonMasterCard
年会費無料1350円
(初年度無料/年一回利用すれば翌年無料)
ポイント還元率基本1%
(楽天市場で利用時は4%/最大6%まで引き上げ可能)
基本1%
(Amazon.co.jp利用時は1.5%/Amazonプライム会員は2%)
買い物保障500万円まで保証
(不正利用された場合)
年間100万円まで保証
(海外での利用、および国内での3回以上のリボ払い・分割払いのご利用のみ対象)
カード利用枠5〜100万円
(信用力によって変わる。300万円まで枠が貰える場合もある)
10〜80万円
支払い方法一括払い
分割払い
リボ払い
ボーナス一括払い
一括払い
分割払い
リボ払い
ボーナス一括払い
支払日末日締め翌月26日払い末日締め翌月27日払い
利用可能ブランドMastercard/JCB/VisaMasterCardのみ
海外旅行傷害保険最高2000万円なし
審査優しい
(かなり簡単に審査が通る)
厳しい
(審査落ちする人も多い)

amazonMasterCardクラシックと楽天カードの比較は「楽天カードのおすすめ記事」でも書きましたが、こちらにも再掲載しておきます。

大きな違いは、以下の3点です。

  • amazonMasterCardクラシックは年会費が必要
  • amazonMasterCardクラシックは海外保障がない
  • amazonMastercardクラシックは審査が厳しい

この3点だけ見ると、楽天カードの方が良さそうに思えます。楽天カードは、年会費無料で海外保障も付いていて、しかも審査が通りやすいですからね。実際、amazonのクレジットカードより楽天カードを選ぶ人も少なくないでしょう。

しかし、amazonMasterCardクラシックで年一回amazonで買い物すれば、翌年度の年会費は無料になります。amazonでよく買い物するなら、この部分はデメリットにならないでしょう。無視していい問題です。

海外保障がつかないのは、なんともしようがないです。しかし、「楽天カード+amazonクレジットカード」の二枚持ちを考えているわけですから、この部分も無視してOKです。なぜなら、海外保障が必要なときは1枚目の楽天カードを使えばいいだけですからね。

3番目の「審査の厳しさ」に関しては、申し込んでみないとよくわからないというのが正直なところです。(ただ、クレジットカードの信用情報は共有されていると聞いたことがあります。もし、楽天カードを長期間使ってきたのであれば、きちんとお金を支払ってくれる人物だと記録されている可能性が高いのではないかなと思います)

ですので、二枚目のクレジットカードとしてamazonMasterCardクラシックを考えているのであれば、とりあえず申し込んでみるしかないですね。もし審査が通れば儲けものです。アマゾンでの買い物代金が最大2%ポイント還元(ゴールドカードなら2.5%)されますので。

amazonMasterCardクラシックとamazonMasterCardゴールドの比較

 amazonMasterCardクラシックamazonMasterCardゴールド
年会費・初年度無料
・2年目から1350円(税込み)
・年1回の利用で翌年度年無料
1万800円(税込み)
ポイント還元率・2%(プライム会員に加入)
・1.5%(プライム会員に未加入)
・1%(amazon以外の買い物)
・2.5%
・1%(amazon以外の買い物)
amazonプライム別途 申し込み必要
(年会費3900円)
無料で利用可能
買い物保障年間100万円まで年間300万円まで
カード利用枠10〜80万円50〜200万円
利用可能ブランドMasterCardのみMasterCardのみ
海外旅行傷害保険なし最高5000万円の国内・海外旅行傷害保険
支払い方法一括払い
分割払い
リボ払い
ボーナス一括払い
一括払い
分割払い
リボ払い
ボーナス一括払い
支払日月末締め/翌26日支払い(土・日・祝の場合は翌営業日)月末締め/翌26日支払い(土・日・祝の場合は翌営業日)
審査(発行対象)満18歳以上の方(高校生は除く)
※未成年の方は親権者の同意が必要)
原則として満20歳以上の方で、本人に安定継続収入のある方

『アマゾンでお得に買い物したい!でも、絶対にクレジットカード年会費は払いたくない!』という人は、amazonMasterCardクラシック一択です。

でも、アマゾンプライムに加入している人、もしくはアマゾンプライムに加入しようと考えている人は、amazonMasterCardクラシックより、amazonMasterCardゴールドの方がお得かもしれません。

というのも、amazonMasterCardゴールドのユーザーはプライムが無料で利用できるからです。amazonMasterCardゴールドの年会費からアマゾンプライムの3900円を差し引くと、実質年間費6900円になります。

しかも、「マイ・ペイすリボ」と「WEB明細書サービス」という無料のオプションサービスを利用すれば、年会費を6480円割引きしてもらえます。

(※「マイ・ペイすリボ」は、事前に毎月の支払い上限金額を決められるサービス。「WEB明細書サービス」は、毎月の利用代金明細書をメールで送ってくれるサービスです。ですので、使っておいて損はありませんし、あえて使わない必要はないでしょう)

実質6900円の年会費からオプションサービス利用割引分の6480円を差し引くと、420円になります。

実質年会費420円でamazonMasterCardゴールドを使えるのであれば、かなりお得なのではないでしょうか?

ちなみに、amazonMasterCardゴールドのポイント還元率は2.5%ですから、年間16800円分アマゾンで買い物すれば420円分ポイント還元されます。年間16800円以上アマゾンで買い物するなら、実質無料でamazonMasterCardゴールドを使えるというわけです。

おそらく、多くの人は年間16800円以上アマゾンで買い物してると思います。amazonで年間どれ位お金を使っているかわからない人は、以下の方法で調べられます。

amazonで買い物した金額を調べる方法

参考Amazonで今まで使った金額を調べる方法

上記のリンク先の方法で、年間のamazon買い物金額が調べられます。

2016年のamazon買物金額

私の2016年のamazon利用金額は、54万1724円でした。パソコンなどの高額商品を買ったのが影響しているかとは思いますが、それ抜きでも問答無用でamazonMasterCardゴールドを利用したほう良さそうです。

amazonクレジットカードの申し込み方法

amazonMasterCardクラシック・ゴールでの申し込み方法は簡単です。amazonにログインし、amazon.co.jpで「amazon クレジットカード」と検索してみてください。

amazonクレジットカード申込方法_01

すると、amazonMasterCardクラシックとゴールドが通常の商品と同じように表示されます。

クラシックかゴールドか、どちらか申し込みたい方のクレジットカードを選んでクリックします。

amazonクレジットカード申込方法_02

クレジットカード詳細ページが表示されます。右上の「今すぐ申し込む」ボタンをクリックして、申し込み手続きにそって必要事項を入力していけば申し込み完了です。

まとめ

  • amazonでたくさん買い物するならamazonMasterCardを使うとお得
  • amazonMasterCardゴールドならアマゾンプライムが無料で使える
  • amazonMasterCardゴールドは実質年会費420円で作れる

amazonMasterCardについて詳しくお伝えしてきましたが、要点をまとめると上記の3つになります。

つまり、ネットでの買い物が楽天市場とamazon中心ならば、楽天カードとamazonMasterCardの二枚持ちが最強ということです。年会費無料の楽天カードで楽天市場での買い物は最大6%ポイント還元。実質年会費420円のamazonMasterCardゴールドでamazonでの買い物は2.5%ポイント還元。さらに、アマゾンプライム無料。おちついて考えてみると、とんでもなくお得です。

私自身、管理が楽なので楽天カード1枚持ちに固執していたんですが、本記事を書いたのを機会にamazonMasterCardに申し込んでみようと思います。

参考 楽天カード
参考Amazon Mastercardクラシック

※追記
ほとんどのネットショッピングはamazonで済ませる。もしくは楽天で済ませる。という人は、楽天カードかamazonMasterCardのどちらか一方だけ持っていれば十分かもしれません。

ただ、『楽天カード(もしくはamazonMasterCard)+ポイント高還元率クレジットカード』のクレジットカード二枚持ちで、さらにお得に買い物するという方法もあります。

参考クレジットカード二枚目はポイント還元率で選ぶ!おすすめ高還元クレジットカード

-節約, クレジットカード

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.