資産運用 NISA 証券会社

【NISA口座】NISAにおすすめの証券会社 3社比較

更新日:

Save Money

NISA口座、開設しましたか?

NISAは期間限定の特別な節税制度です。

NISAの内容については、すでに「NISA絶対活用!売買益にも配当金にも課税されないお得な非課税制度」で書いたので詳しいことはそちらに譲りますが…

 

要は「NISA口座で投資したお金には税金がかからない」のでお得ということです。

 

通常であれば、証券口座で投資したお金には税金がかかります。売買益に対して約20%の税金がかかります。また、配当に対しても約20%の税金がかかります。

しかし、NISA口座で投資したお金に対しては税金がかかりません。非課税です。売却益にも配当にも税金はかかりません。

たとえば、あなたが一般口座で100万円投資して、5年後200万円になった時点で売却したとしましょう。NISA口座ではありませんから、売却益に対して約20%の税金がかかります。よって、あなたの手元に残るのは約80万円です。

でも、NISA口座で投資していれば非課税ですから100万円まるまるあなたのものです。

 

ちなみに、NISA(一般NISA)であれば、毎年120万円×5年間で合計600万円を非課税で運用できます。

NISA口座の600万円が1000万円になっても、1円も税金払わなくてOKです(一般口座の場合は約80万円の税金がかかる)。

つみたてNISAであれば、毎年40万円×20年間で合計800万円を非課税で運用できます。

つみたてNISA口座の800万円が2000万円になっても、税金払わなくてOKです(一般口座の場合は240万円の税金がかかる)。

赤ちゃんとお姉ちゃん
NISAと積立NISAの違いを比較(メリット・デメリット比較)

2018年1月から「積立NISA(つみたてNISA)」が始まります。 今までのNISA(現行NISA。以下NISA)との大きな違いは「投資期間」「投資できる金額」「投資できる商品」の3つです。 全てに ...

 

NISAはとてつもなくお得な制度だということがわかると思います。

しかし、NISA制度は『期間限定』の制度です。

なので、できるだけ早くNISA口座を開設して非課税で運用できる期間を十分に活用したほうが良いです。

NISA(一般NISA)は2023年に終了しますので、今年を含めてあと6年しか残されていません。

つみたてNISAは2037年に終了しますので、今年を含めてあと20年しか残されていません。

 

「つみたてNISAが終了するまでは、まだ時間がありそう」って思いましたか?

 

でも、つみたてNISAは1年に40万円までしか投資できませんからね。NISAの1/3の金額です。つみたてNISAの終了時期が少し遅いのはそういった理由があるからです。

要するに、NISA口座を開設するにしても、つみたてNISA口座を開設するにしても、「はやく口座開設して投資する方がお得」ということです。資産形成のスピードが20%UPするわけですからね。

 

ただ、どの証券会社でNISA口座開設するかは重々注意して決めないといけません。

 

どこの証券会社でもNISA口座は作れますが、売買手数料がかかったり、NISA口座で買える銘柄が少なかったりという証券会社があります。

本記事で…

  • NISA口座開設で注意すべきポイント
  • NISA口座開設におすすめの証券会社

以上2点をまとめましたので、NISA口座開設の参考にしてみて下さい。

NISA口座開設で注意すべき3つのポイント

  • NISA口座で買える銘柄数が多い(投資信託・株式・ETF)
  • 手数料が安い
  • 使いやすい(最低5年は使い続ける)

NISA口座で買える銘柄数が多い(投資信託・ETF・株式)

NISA口座を開設する証券会社を選ぶ際には、NISA口座で買える銘柄が多い証券会社を選ぶようにしましょう。

証券会社ごとにNISA口座(もしくは、つみたてNISA口座)で買える銘柄数に差があるので注意しないといけません。

たとえば、「楽天証券のNISA口座であれば▲▲▲が買えるのに、○○証券のNISA口座では▲▲▲が買えない」といったことがあります。

 

そもそも買いたい銘柄がない証券会社でNISA口座を開設しても意味ないですよね?

 

なので、NISA口座を開設する証券会社を選ぶ際には、NISA口座で買える銘柄数が多いかどうかが重要なポイントになります。

NISA口座で買える銘柄が多いか少ないかは、その証券会社の投資信託・ETF・株式の取扱本数に左右されます。

投資信託・ETF・株式の取扱本数が多い証券会社は、NISA口座でも同じように投資信託・ETF・株式の取り扱い本数が多いです。

ですので、投資信託・ETF・株式の取扱本数が多い証券会社でNISA口座を開設するようにしましょう。

 

「NISA口座開設したけど、買いたい銘柄がなかった…」

 

というような失敗を防げます。

察しの良い方はすでに気づいているかとは思いますが、この基準によってほとんどの証券会社が選択肢から除外されます。

以下に投資信託の取扱本数ごとに証券会社をランキングしましたのでご覧ください。

 

  1. SBI証券:約2600本
  2. 楽天証券:約2500本
  3. マネックス証券:約1100本
  4. SMBC日興証券:約1030本
  5. カブドットコム証券:約1010本
  6. フィデリティ証券:約590本
  7. 松井証券:約290本
  8. 立花証券:約260本
  9. 岩井コスモ証券:約240本
  10. 岡三オンライン証券:約230本

(日本株式の取り扱いはどの証券会社も同じです。米国株については後述しています)

 

上記の通り、SBI証券と楽天証券が3位のマネックス証券を大きく引き離してTOP1、2にランキングしています。

6位のフィデリティ証券を含め、それ以下の証券会社については選ぶに値しない銘柄数なのがわかると思います。

よって、NISA口座はSBI証券・楽天証券・マネックス証券のいずれかで開設すればよいでしょう。

マネックス証券・SMBC日興証券・カブドットコム証券の差は僅差ではありますが、それでもマネックス証券を選ぶべき理由があります。

 

それは、「米国株の取り扱い本数が多い」ということです。

 

マネックス証券では約3300銘柄もの米国株を取り扱っています。楽天証券でも約1300銘柄、SBI証券ですら約1400銘柄なのに、です。

たとえばNISA口座でこれから著しく成長しそうな米国企業に投資したいというような人は、マネックス証券でNISA口座開設すると良いでしょう。

(ちなみに、SMBC日興証券の米国株取扱本数は約700銘柄、カブドットコム証券はごく少数しか米国株を取り扱っていません)

手数料が安い

証券会社によっては、NISA口座で投資信託・ETF・株式を売買する際に手数料がかかります

必ずNISA口座での売買手数料が無料の証券会社を選ぶようにしましょう。

せっかくNISA口座で非課税で資産運用できるのに、売買手数料で資産を目減りさせていてはもったいないですからね。

SBI証券・楽天証券・マネックス証券は、NISA口座での売買手数料が無料なので安心です。

たとえば、NISA口座で毎月10万円×12回日本株を買ったとしても手数料は1円もかかりません。無料です。

使いやすい(最低5年は使い続ける)

NISA(一般NISA)は2023年に終了します。

たとえば、2023年にNISA口座を開設すると、そこから5年間非課税で運用できます。ですので、2027年までNISA口座を使うことになります。つみたてNISAの場合は2057年までつみたてNISA口座を使うことになります。

 

どちらにしても、長いおつきあいになります。

 

ですので、できるだけ使いやすい証券会社でNISA口座を開設するのがおすすめです。

個人的には、SBI証券・楽天証券・マネックス証券の中では楽天証券が一番使いやすいと感じています。

楽天証券とSBI証券の比較」記事でも書いたとおり、楽天証券は初心者でも使いやすい直感的な操作画面ですので。

図や絵が中心なので数字嫌いの方でも安心して使いえます。逆に、数字好きの方はSBI証券のほうがシンプルで使いやすいかもしれません。

楽天証券・SBI証券・マネックス証券のNISA口座比較

NISA口座開設で注意すべき3つのポイント(取扱銘柄数・手数料・使いやすさ)をもとに、SBI証券と楽天証券とマネックス証券を比較してみました。

基本的に3社ともNISA口座開設におすすめの証券会社です。表を見てわかるとおり、そんなに差はありません。

強いていうなら、もし「NISA口座で米国株に投資したいならマネックス証券」。

もし「NISA口座の使いやすさを優先するなら楽天証券」といったところでしょうか。

もちろん、楽天証券よりSBI証券のシンプルな操作画面の方が使いやすいという方の場合は、SBI証券を選んでもかまいません。

NISA口座に一番おすすめの証券会社は?

もしあなたが…

  • 証券口座を作ったことがない
  • NISA口座も開設していない

という、これから投資を始める方であれば、楽天証券で証券口座もNISA口座も合わせて開設するのがおすすめです。

楽天証券の操作画面は初心者向きです。(操作画面を通常用⇔初心者用に切替可能)

自分が何にいくら投資して、いくら儲かっているのかが直感的に分かるので、たとえ初心者の方であっても難なく資産運用していけるでしょう。

今ならNISA口座の新規開設で最大2万1300円もらえるキャンペーン中ですのでお得です。(2018/03/30終了予定)

 

もし、すでにSBI証券・楽天証券・マネックス証券のいずれかで証券口座を作っているのであれば、今使っている証券会社でNISA口座も作るのがおすすめです。

たとえば、楽天証券の証券口座で投資しつつ、SBI証券でNISA口座開設して投資するというのでは手間がかかります。

2つの証券会社にまたがってお金を管理するのは、思っているよりめんどくさいものです。

どうしても今使っている証券会社のNISA口座では買えない銘柄があるという場合を除いて、証券口座もNISA口座も1つの証券会社で開設するほうが良いです。

まとめますと、NISA口座に一番おすすめの証券会社は以下のようになります。

もし、SBI証券・楽天証券・マネックス証券以外の証券会社を使っている方は…、この記事を読んだのをキッカケに証券会社を変えてしまうのも一つの手です。

ハッキリいって、特別な理由がない限り証券会社は楽天証券かSBI証券を選ぶべきです。

他の証券会社より圧倒的に投資できる銘柄数が多く、手数料が低いのでおすすめです。

楽天証券とSBI証券のメリットデメリット比較。おすすめはどっち?

証券会社はたくさんありますが、初心者におすすめの証券会社はどの証券会社でしょうか?   多くの方は「楽天証券かSBI証券かな?」っとイメージしたのではないでしょうか。それで正解です。間違いあ ...

-資産運用, NISA, 証券会社

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.