英語

【オンライン英会話】IELTS対策!DMM英会話・ベストティーチャー・mytutor徹底比較

投稿日:

飛行機に乗るパイロットの外国人女性

IELTS対策コースのあるオンライン英会話スクール3社(DMM英会話・ベストティーチャー・mytutor)の無料体験レッスンを受けました。

各社のメリットデメリットがわかりましたので、以下にそれぞれの特徴を比較しつつまとめておきます。

結論としては、IELTS対策ならベストティーチャー。もし可能ならDMM英会話ベストティーチャーの両方を使うのがおすすめです。

操作画面

DMM英会話

DMM英会話の操作画面

上画像が、DMM英会話のログイン後の操作画面になります。

左サイドバーに、これまで受講したレッスンの総合計時間とレッスン予約状況が大きく表示されています。その下には、講師予約検索画面・お気に入り講師・レッスン教材などのページへアクセスするボタンが設置されています。

右中央部分は、DMM英会話からのお知らせや、DMM英会話のおすすめ講師などが表示されています。

適度な情報量で非常にわかりやすい操作画面です。

ベストティーチャー

ベストティーチャーの操作画面

ベストティーチャーの操作画面はこちらになります。(IELTS対策コースの場合)

上部に自分が受ける予定のIELTSテストの試験日、目標点数を入力する部分があります。

その下に、現在進行中のレッスン状況を表示する部分があり、その下にレッスン履歴を表示する部分があります。非常に簡潔でわかりやすいですね。

mututor

mytutor操作画面

mytutorの操作画面はこちら。

左サイドバーには自分のプロフィールとレベルが表示されています。右中央部分はmytutorからのおしらせと、講師予約状況が表示されています。

ぱっとみてわかると思いますが、DMM英会話・ベストティーチャーと比べると、mytutorの操作画面は若干古いデザインです。使いやすいとは…いえないですね。

学習進捗度の計測

DMM英会話

DMM英会話の学習進捗度

DMM英会話はレッスン受講時間とランクで受講者のモチベーションを維持します。

レッスン受講時間の下に「ビジター」と表示されているのがわかると思います。これが受講者のランクです。

レッスンの受講時間が増えると、このランクがビジターから徐々にランクアップされ、最終的にはレジェンドになります。

ベストティーチャー

ベストティーチャーの学習進捗度

ベストティーチャーは、カレンダーによるレッスン受講頻度、棒グラフによる各レッスンの完了数、円グラフによる月間目標レッスン数の達成度によって、受講者のモチベーションを維持します。

カレンダーによるレッスン受講頻度と棒グラフによるレッスン受講数の可視化は、DMM英会話より優れていますね。どの部分の英語力が強化されていて、どの部分が強化されていないのかよくわかります。

mututor

mytutorの学習進捗度

mytutorは、基本的にDMM英会話やベストティーチャーのように学習進捗度を確認することができません。

一応、左サイドバーのプロフィールの下にあるLevelと受講履歴によって確認できるといえばできるのですが…。

これをみてモチベーションが上がるか?といえば、上がらないというのが正直なところでしょう。グラフィカルなデザインって、結構重要な要素だと感じます。

復習のしやすさ

DMM英会話

DMM英会話の復習のしやすさ

DMM英会話は、レッスン終了後に「レッスンノート」という復習用の教材が送られてきます。

このレッスンノートには、講師からのコメントとともに、レッスンで使われた文章、単語がまとめられています。ポイントだけ押さえて、短時間でササッと復習できます。

ベストティーチャー

無料体験レッスンの感想記事でも書いたのですが、ベストティーチャーのレッスンは独特で、ライティング→リーディング・リスニング→スカイプレッスンの3ステップで1レッスンになっています。

この3ステップのライティング→リーディング・リスニングの部分が、丸ごと復習教材として提供されます

ベストティーチャーは、ライティングテストの結果を元に、自動的に穴埋めテストを作ってくれます。また、講師から送られてくる音声データを再生速度調整できる状態にして提供してくれます。

復習教材のボリューム、丁寧さはベストティーチャーが圧倒的に優れています

もちろん、講師からのコメントももらえるので、客観的に自分のどの部分が良かったのか、もしくは悪かったのかがわかります。

5段階評価のレーダーチャートでレベル判定してくれるのも親切で良いですね。

mututor

mytutorの復習のしやすさ

mytutorでは、復習教材が提供されません。

講師からのレベル判定とコメントをもとに、自分で復習することになります。

予約のしやすさ

DMM英会話

DMM英会話は、おぎやはぎの矢作さんを起用したTVCMで有名&人気の高いオンライン英会話スクールです。

でも、講師が予約できないほど混雑しているわけではないようです。もちろん、一定の時間帯や特定の人気講師を選ぶという場合は、予約しにくいということはあるかもしれません。

ただ、講師の数がかなり多いので、講師を選ばなければ容易に予約できるでしょう。

ベストティーチャー

ベストティーチャーもDMM英会話と同じく、講師の予約はしやすいです。

ベストティーチャーはライティング→リーディング・リスニング→スカイプレッスンと段階的に進むので、上手い具合に講師の予約日がバラけるのではないでしょうか?それが、予約のしやすさにつながっているのではないかと感じます。

mututor

mututorはDMM英会話・ベストティーチャーと比べると、少し予約しづらいかもしれません。講師数が少ないためか、レッスン予約画面で予約済みの表示が目立ちます。

しかし、予約できないというほどではありません

講師の質

DMM英会話

DMM英会話の講師の質

DMM英会話の講師は、難関大学の現役大学生や卒業生、豊富な講師経験者などを中心に、世界各国から採用されています。

採用に至るまでに、書類審査〜最終試験まで5段階の採用プロセスを通過し、全80項目の審査をクリアする必要があります。

その結果、講師採用試験の合格率はわずか5%になっています。講師のレベルは高いといえるでしょう。

ベストティーチャー

ベストティーチャーの講師の質

ベストティーチャーは、社会人経験や英語講師の経験が豊富な人を中心に、世界中から講師を採用しています。

特に、TESOLやTEFLなどの資格をもった講師を積極的に採用しているので、資格試験対策に強い講師がたくさんいます。

書類審査から制式採用までの採用プロセス、書類審査→面接→模擬レッスンの3段階です。DMM英会話の5段階プロセスより少ないのが気にかかりますが、講師の質は十分なレベルと言えるでしょう。

mututor

mytutorの講師の質

mytutorの講師は、そのほとんどが外国語大学の英語学科、もしくは日本語学科を卒業しています。

また、外国語大学を卒業していない場合は、IELTSインストラクターであったり、政府公認英語講師の資格を持っている人を採用しています。

それ以外の講師はいません。mytutorは講師の採用に非常に力を入れているのがわかります。講師の平均英語レベルで比較すれば、おそらくmytutorが最も優れているのではないかと思います。

IELTS対策コース

DMM英会話

DMM英会話のIELTSコース

DMM英会話のIELTS対策コースは、「公式ケンブリッジIELTSガイド」という教材1冊を講師と一緒に進めていく形式です。

公式ケンブリッジIELTSガイドの全てのページがPDFで無料で見れる状態になっていますので、講師と同じページをみつつ問題を解いていきます。

ベストティーチャー

ベストティーチャーのIELTSコース

ベストティーチャーのIELTS対策コースには、IELTS用の特別レッスンが用意されています。

それぞれのレッスンはライティング→リーディング・リスニング→スカイプレッスンという順序で進められます。また、それぞれのレッスンは復習教材(穴埋め問題や音声データなど)としてレッスン後に提供されます。

復習教材はいつでもどこでも何度でも、無料で使えます。

ベストティーチャーのIELTS対策コースは、IELTSテストに必要な英語能力をバランス良く学ぶとができ、復習教材も十分に提供されます。良いですね。

mututor

mytutorのIELTSコース

mytutorはTOEFLやIELTSなどの英語資格対策に非常に力を入れています。

IELTS対策コースのボリュームは、DMM英会話・ベストティーチャーの中でダントツで多いです。

しかし、その内容なIELTS対策用の問題集PDFを講師と一緒に進めていくというスタイルですので、基本的にDMM英会話と同じです。

価格(コスパの良さ)

DMM英会話

DMM英会話の料金

DMM英会話の場合、IELTS対策コースに別料金を設定していません。通常料金でIELTS対策コースを受講できます。

一番安いプランだと、1日1レッスンで月5500円(税込み)。

1レッスン177円です。コスパ良いです。

ベストティーチャー

ベストティーチャーの料金

ベストティーチャーの場合、IELTS対策コースは一般コースと別料金で月16200円(税込み)になります。

特に1日のレッスン回数制限はないのですが、混雑時は講師からの添削が最大3日ほどかかる場合があるので、月10レッスンを目安にすると良いようです。

Writingレッスンでは最大5往復のやりとりを講師と行いますが、返信待ちの目安は数分〜1時間です。
また、最後の返信を終えてから講師の添削が完了するまでの目安は数時間〜1日です。(※混雑時は最大3日程かかる場合があります。)
それにより、1ヶ月に10レッスンを10ヶ月間継続するペースを守りやすい仕組みとなっています。
引用料金プラン | オンライン英会話のベストティーチャー

月16200円で10レッスンとすると、1レッスン1620円ですね。

ちなみに、カフェで外国人が日本人にマンツーマンで英語を教えるカフェレッスンは、1レッスン60分で約2000円前後が相場です。

mututor

mytutorの料金

mytutorは月額制プランとポイント制プランの2種類の料金体系があるので少々ややこしいのですが、月額制プランでもIELTS対策コースは受けられます。

ですので、月額制プランで比較することにします。DMM英会話もベストティーチャーも月額制プランで比較してますからね。

mytutorの月額制最安プランは月5980円(税込み)です。

レッスン受講可能回数は8回ですので、1レッスン約748円になります。

DMM英会話・ベストティーチャー・mytutorの比較一覧表

 
DMM
ベストティーチャー
mytutor
総合評価
操作画面
学習進捗度
復習のしやすさ
予約のしやすさ
講師の質
IELTS対策コース
価格(コスパの良さ)

DMM英会話・ベストティーチャー・mytutorの総合評価は上記のようになりました。

復習教材は多ければいいというものでもありませんので、DMM英会話の復習教材のボリュームが丁度よいという人もいるかもしれません。

また、講師が英語資格を持っているからといって教えるのも上手いかというと、それは別問題です。コーチとプレイヤーに必要とされる能力が違うのと同じです。

また、コスパに関しても、ベストティーチャーはDMM英会話・mytutorとは違う教育スタイルを採用しているので判定が難しいところです。

しかし、あえて3社をできるだけ客観的に比べると、上記の一覧表のようになるのかなと思います。

たとえ、各判定項目の◎・○・▲が多少変わったとしても、総合評価に変わりはないでしょう。

よって、IELTS対策オンライン英会話スクール3社比較の結論は…

です。

おすすめのIELTS対策オンライン英会話の受講方法は?

さて、IELTS対策のオンライン英会話ならベストティーチャーと結論が出ましたが、ベストティーチャーだけでIELTSの勉強をするのは効率が悪いです。

というのも、ベストティーチャーは一度ライティングテストを受けたあと、講師が採点結果を送ってくるまでに時間がかかるからです。(数時間〜最大3日)

講師からの採点結果が送られてくるまでは、スカイプレッスンを予約できません。ですので、待ちぼうけ状態になります。

もちろん、以前受けたレッスンの復習教材で自主勉強していればいいわけですが、それでもいつ答えが返ってくるかわからないのはストレスフルです。計画的に英語の勉強を進められません。

 

ですので、「DMM英会話+ベストティーチャー」で勉強するのがおすすめです。

 

要するに、ベストティーチャーでどうしても発生するタイムラグ(講師からの採点結果が返ってくるまでの数時間〜最大3日)をDMM英会話で補うわけです。

DMM英会話で毎日英会話の勉強をしつつ、同時並行でベストティーチャーのIELTS対策コースでも勉強する。

DMM英会話の役割は、リスニングとスピーキングの向上、そして常に脳内の英語回路をオンにして英語力をキープさせておくことです。

ベストティーチャーの役割は、IELTS対策のためのライティング・リスニング・リーディング・スピーキング力の全てを総合的に向上させることです。

お金に余裕があるなら、この方法が一番効率が良いです。

DMM英会話の最安プラン月5500円+ベストティーチャーのIELTS対策コース月16200円=月2万1700円(税込み)』なので少々高くはなります。

しかし、毎日25分の英会話レッスンとIELTSテスト対策教材が提供されることを考えると、支払う価値のある値段です。

単純に考えて、オフラインのマンツーマン英会話であれば月4回のレッスンで2万1700円以上しますからね。

たとえば、以下の英会話スクールの場合、IELTS対策コースは月4回レッスンで月2万8556円(税込み)です。1レッスンあたり7139円になります。

もしシェーン英会話で毎日レッスンを受けたとすれば7139円×30日=月21万4170円になります。

どう考えても、DMM英会話+ベストティーチャーの月2万1700円の方がお得です。約1/10の価格ですからね。

ということで、できるだけ早く効率的にIELTS対策のための英語力を身に付けたい方には、DMM英会話とベストティーチャーをセットで受けるのをおすすめします。

当たり前ですが、オンライン英会話だけにたよるのではなく、英単語帳やIELTS過去問題集などを買って自主勉強もする方が良いのは言わずもがなです。さらに学習効果が高まります。

-英語

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.