資産運用 投資信託

楽天証券とSBI証券の投資信託ポイント還元比較!どちらの方がお得?

更新日:

山積みの金貨

楽天証券SBI証券には、投資信託の保有残高に応じてポイントがもらえるサービスがあります。

どちらのポイント還元サービスも還元率は低い(0.X%〜0.0X%)のですが、保有残高が大きくなってくると0.数%のポイント還元率でも馬鹿にできません。

楽天証券かSBI証券か、どちらのポイントサービスがお得か比較してみましたので、参考にしてみてください。

SBIの「投信マイレージサービス」のポイント還元率

SBI証券には、投資信託の保有残高に応じて毎月ポイントが貰える「投信マイレージサービス」というサービスがあります。

原則として、どの銘柄の投資信託を保有していてもポイント還元されます。しかし、特定の投資信託(指定銘柄)のみポイント還元率が違います

また、保有残高によってもポイント還元率が変わります。(1000万円以下と1000万円以上)

それぞれの条件をまとめると、以下のようになります。

 保有残高1000万円未満保有残高1000万円以上
指定銘柄0.2%0.1%
指定銘柄以外0.05%
(保有残高に関係なく一律0.05%)
0.05%
(保有残高に関係なく一律0.05%)

 

指定銘柄(0.1〜0.2%ポイント還元)と指定銘柄以外(0.05%ポイント還元)の投資信託は、以下のとおりです。

■ポイント還元一律0.05%の投資信託

・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内株式インデックス
・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国株式インデックス
・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 先進国債券インデックス
・三菱UFJ国際-eMAXIS Slim 国内債券インデックス
・One-たわらノーロード バランス(8資産均等型)
・One-たわらノーロード NYダウ
・One-たわらノーロード TOPIX
・One-たわらノーロード 日経225
・One-たわらノーロード 先進国株式
・One-たわらノーロード 国内債券
・One-たわらノーロード 先進国債券
・One-たわらノーロード 先進国株式<為替ヘッジあり>
・One-たわらノーロード 先進国債券<為替ヘッジあり>
・SBI-EXE-i 先進国株式ファンド
・SBI-EXE-i 新興国株式ファンド
・SBI-EXE-i 先進国債券ファンド
・SBI-EXE-i グローバル中小型株式ファンド
・SBI-EXE-i グローバルREITファンド
・SBIボンド-SBI-PIMCOジャパン・ベターインカム・ファンド
・ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ日経平均インデックスファンド
・ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイTOPIXインデックスファンド
・ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイJPX日経400インデックスファンド
・ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド
・ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ国内債券インデックスファンド
・ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイ外国債券インデックスファンド
・ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイJリートインデックスファンド
・ニッセイ-<購入・換金手数料なし>ニッセイグローバルリートインデックスファンド
・三井住友-三井住友・DC日本株式インデックスファンドS
・三井住友-三井住友・DC全海外株式インデックスファンド
・三井住友-三井住友・日本債券インデックスファンド
・三井住友-三井住友・DC外国債券インデックスファンド
・三井住友-三井住友・DC日本リートインデックスファンド
・三井住友-三井住友・DC年金バランス30(債券重点型)
・三井住友-三井住友・DC年金バランス50(標準型)
・三井住友-三井住友・DC年金バランス70(株式重点型)
・三井住友-三井住友・DC年金バランスゼロ(債券型)
・三井住友TAM-日経225インデックスe
・大和-iFree 8資産バランス
・大和-iFree 日経225インデックス
・大和-iFree TOPIXインデックス
・大和-iFree JPX日経400インデックス
・大和-iFree 外国株式インデックス
・大和-iFree NYダウ・インデックス
・大和-iFree 日本債券インデックス
・大和-iFree 外国債券インデックス
・大和-iFree 新興国債券インデックス
・大和住銀-ひとくふう日本株式ファンド
・大和住銀-ひとくふう世界国債ファンド(為替ヘッジあり)
・明治安田-ノーロード明治安田日本株式アクティブ
・明治安田-ノーロード明治安田社債アクティブ
・明治安田-ノーロード明治安田J-REITアクティブ
(全52本)

■ポイント還元率0.1%の投資信託(※マイレージ対象銘柄の月間平均保有額が1,000万円以上の場合は、0.2%)

・上記を除く国内公募株式投資信託

■投信マイレージの対象外のもの

・MMF、中国F、MRF
・外貨建MMF
・ETF、REIT
・外国籍投資信託
・その他当社が定めた銘柄

指定銘柄をみるに、手数料の安いインデックスファンドのポイント還元率は0.05%のようですね。

楽天証券の「ハッピープログラム」のポイント還元率

楽天証券には、投資信託の保有残高に応じてポイントがもらえるサービスが2つあります。「資産形成ポイント」と「ハッピープログラム」です。

資産形成ポイントは月1000ポイント以上はもらえません。いくら投資信託の保有残高が多くても月1000ポイントが上限です。ハッピープログラムには上限がありません。保有残高が多ければ多いほど、もらえるポイントも多くなります。

あえて資産形成ポイントを選ぶ必要はありません。ハッピープログラムの方がお得ですので。なので、ハッピープログラムを利用するものとして話をすすめます。

ハッピープログラムは、投資信託の保有残高10万円ごとに毎月4ポイントもらえます。年率0.048%です。(4ポイント ÷ 10万円 ✕ 12ヶ月 ✕ 100 = 0.048%)

楽天証券のハッピープログラムの場合、銘柄ごとにポイント率が違うということはありません。どの投資信託を持っていても保有残高の0.048%分ポイントがもらえます。ただ、保有残高10万円以上からです。10万円未満だとポイントはもらえません。

楽天証券とSBI証券の投資信託ポイント還元比較(1000万円〜1億円保有していた場合)

投資信託で長期投資をする方の多くは、手数料の安いインデックスファンドを選ぶことになると思います。

手数料の高いアクティブファンドを選んだところで、損するだけですので。

参考投資信託の運用方針の違い(インデックスファンド・アクティブファンドの違い)

とすると、SBI証券のポイント還元率は0.05%と考えて良さそうです。ほとんどの低コストなインデックスファンドは、0.05%ポイント還元の対象銘柄になっていますので。

楽天証券とSBI証券のポイント比較の結論は、以下のようになります。

  • 楽天証券のポイント還元率 → 0.048%
  • SBI証券のポイント還元率 → 0.05%

 

例えば投資信託の保有残高が、1000万円〜1億円あった場合、貰えるポイントは以下のようになります。

 1000万円3000万円
(老後資産の目安)
5000万円7000万円1億円
楽天証券
4800pt1万4400pt2万4000pt3万3600pt4万8000pt
SBI証券
5000pt1万5000pt2万5000pt3万5000pt5万pt

 

両者のポイントの差は微々たるものです。たとえ投資信託を1億円持っていたとしても2000円の差です。

ですので、ポイント目当てに楽天証券かSBI証券かどちらにするか悩むよりは、使いやすい証券会社を選ぶほうがいいでしょう。

ちなみに、楽天証券のポイントもSBI証券のポイントも、1ポイント=1円として利用可能です。

結局どちらがお得?

わずかな差ですが、SBI証券のほうがお得です。

ただ、繰り返しになりますが、微々たるポイント還元率の差を気にするよりも、使いやすさを重視したほうが良いと思います。使いにくい証券会社だと、わずらわしくなって長期的に資産運用できませんので。

参考 SBI証券
参考 楽天証券

-資産運用, 投資信託

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.