資産運用 ETF

市場全体・大型株・小型株ETFで最もパフォーマンスが良いのはどれ?

更新日:

one two three

市場全体に投資するETFもいいけど、それじゃあリスクヘッジし過ぎてリターンが低い。もう少しリスクをとって高リターンの投資はできないものだろうか?

と、悩んでおります。

インデックス投資をやめて個別株投資すれば、短期間に資産を数倍に増やせる可能性もあります。

ただ、大損する可能性もあります。インデックス投資に比べてリスクが高いんですよね、個別株投資は。

なので、どうにかインデックス投資の手軽さ、安定性は維持したい。その上で年利5%以上の投資がしたいのです。(わがままですが…)

例えば、小型株に的を絞ったETF、または大型株に的を絞ったETFなら、市場全体に投資すETFよりもっとリターンが高いのでは?

ということで、バンガードのETFを例に市場全体・大型株・小型株ETFのパフォーマンス比較してみました。

米国市場限定のETFで比較しています。

比較する市場全体・大型株・小型株ETFについて

パフォーマンスを比較するETFは以下の3つです。

  • VTI(米国市場全体に投資)
  • VB(米国市場の小型株に投資)
  • VV(米国市場の大型株に投資)

各ETFの詳細はリンク先から確認してください。

VTI・VB・VVのパフォーマンス比較

小型株ETF_VBのパフォーマンス_01

Back test portfolioでVTI・VB・VVの2005〜2018年(約13年間)までのパフォーマンスを比較してみました。

  • Portfolio1=VTI
  • Portfolio2=VB
  • Portfolio3=VV

となります。

結果としては小型株ETF「VB」が最もリターンが高いようですね。VTIと比較してVBが約13%上回っています

ただ…

 

小型株ETF_VBのパフォーマンス_02

配当に関してはVBが最も少ないです。ですので、配当再投資で運用した場合、先ほどとは違う結果になるかもしれません。

配当再投資での結果も比べてみましょう。

 

小型株ETF_VBのパフォーマンス_03

配当再投資で運用した場合も、結果は変わらず。小型株ETF「VB」のリターンが最も高いです。

先ほどの配当再投資しない場合に比べて、VTI・VB・VVそれぞれのリターンの差は縮まっていますが…

それでも、VTIと比較してVBは約10%上回っています。小型株のパフォーマンスいいですね。

もし…、もしですよ、高配当の小型株ETFであれば、配当再投資した場合にリターンの差が縮まるどころか、もっと拡がるのでは?

米国配当小型株ETF「DES」と米国小型株ETF「VB」のバフォーマンス比較

DESは、ウィズダムツリー社が販売している米国の配当を出す小型株に投資するETFです。

DES - ウィズダムツリー 米国小型株配当ファンド | ウィズダムツリー・ジャパン

 

DESとVBとはベンチマークしてる指数が違いますし、正確な比較は出来ません。とはいえ、「小型株ETF vs 高配当小型株ETF」の参考になるかとは思いますので比較してみます。

 

小型株ETF_VBのパフォーマンス_04

あらー、全然ダメですね。(苦笑

予想に反してDESのリターンは低いです。DESと比較してVBの方が約48%もリターンが高いです。

配当再投資で運用した場合も比較してみましょう。

Portfolio1=VTI、Portfolio2=VB、Portfolio3=DESです。

 

小型株ETF_VBのパフォーマンス_05

多少差は縮まるとはいえ、配当再投資の場合もVBの方がDESよりパフォーマンスが良いです。

DESと比較してVBの方が約18%リターンが高いです。

付け加えると、Back test Portfolioでシュミレーションした結果には手数料が含まれていないので、パフォーマンスはもう少し下がるはずです。

ウィズダムツリーは魅力的な高配当ETFを販売してくれているのですが、手数料が高いですからね…。

まとめ

  • 小型株ETFのパフォーマンスは、市場全体に投資するETFよりパフォーマンスが良い
  • 配当を出す小型株ETF DES vs 小型株ETF VB では、VBの方がパフォーマンスが良い(配当再投資する場合でもしない場合でも)

-資産運用, ETF

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.