投資信託 資産運用

投資信託の「普通分配金」と「特別分配金」の違いとは?

投稿日:

プチトマトの受け渡し

リタイア後は投資信託分配金で生活したいと考えている人は、少なくないでしょう。

しかし!投資信託の分配金には注意しなくてはいけません

というのも、分配金には投資元本を切り崩して投資家にお金を分配する『特別分配金』があるからです。

リタイア後に「しまったっ!」と失敗してしまわないように、分配金についての知識を身につけておきましょう。

分配金とは?

分配金とは、投資信託の運用成果にもとづいて投資信託の保有者に支払われるお金です。

毎月分配金を出す投資信託もあれば、年1回だけ、半年に1回だけ分配金を出す投資信託もあります。

リタイア後に投資信託の分配金で生活したいと考えているのであれば、このような分配金を出す投資信託に投資する必要があります。

もし、毎月お給料のように分配金が欲しいのであれば、毎月分配型の投資信託を選ぶといいですね。

投資信託の中には、分配金を出さない投資信託(無分配型)もありますので、分配金狙いで投資信託を買う人は、必ず分配金ありの投資信託を選ぶようにしましょう。

普通分配金と特別分配金の違い

分配金には、「普通分配金」と「特別分配金」の2つがあります。

普通分配金とは、投資信託の利益から支払われる分配金です。

例えば、あなたが基準価額1000円/1万口の投資信託を10万円分持っているとします。この投資信託の基準価額が1100円になりました。1万円利益が出ていますね。

この利益1万円部分から投資信託 保有者に支払われる分配金が「普通分配金」です。

しかし、運用益を超える分配金を支払う投資信託の場合、投資元本を切り崩して分配金を支払うことになります。

例えば、あなたが基準価額1000円/1万口で1万口当たり200円の分配金を出す投資信託を10万円分持っているとします。この投資信託の基準価額が900円になりました。利益が出るどころか投資元本が減っていますね。あなたのお金は9万円になっています。

この投資信託は1万口あたり200円の分配金を出します。しかし、利益は出ていません…。

どうするか?

そうです。投資元本を切り崩して無理やり分配金を出します。これが『特別分配金』です。

90万円から100万口分の分配金2万円が差し引かれて、88万円。

あなたは分配金として2万円受け取れますが、投資元本は90万円から88万円に減っているわけです。

一見、分配金がもらえてラッキー!と感じるかもしれませんが、その分配金は自分の投資元本を切り崩したお金ですからね。

自分の財布から1000円取り出してお金が増えたと喜んでいるようなものです。そのお金、もともとあなたのものです。

(※実際には、税金や運用手数料等がかかりますので、こんなキレイな数字にはなりません)

分配金を出す投資信託を選ぶデメリット

『なるほど!じゃぁ、普通分配金を出す投資信託を選べばいいのか!』

と思われるかもしれませんが、ちょっと待ってください。

そもそも分配金を出す投資信託は、無分配型の投資信託と比べてお金が増えにくいということは覚えておいて下さい。

どういうことか?

理由は簡単です。分配金を受け取ると税金がかかるからです。株式の売却益や配当にかかる税金と同じように、分配金にも約20%の税金がかかります。

また、分配金を出した分だけ運用資産額が減りますので、複利効果が働きません

例えば、基準価額1000円の投資信託を10万円分もっていたとしましょう。

この投資信託の基準価額が1100円になったとき、利益の1万円分が分配金として支払われたとします。そうすると、基準価額は1100円ではなく1000円になってしまいます。振り出しにもどってますね。

一方、分配金を出さない投資信託であれば、基準価額1100円のまま資産運用が続行されます。複利の力でどんどん運用資産額が増えていきます。

ですので、分配金を出す投資信託を買うのであれば…、

 

  • 分配金には税金がかかる
  • 分配金を出す投資信託は、複利の力が働きにくい

 

以上2点のデメリットを必ず理解してから買うようにしましょう。

分配金を出す投資信託は、どういう人におすすめ?

結論として、お金を効率的に増やしていきたいのであれば、分配金を出す投資信託は避けたほうが良いです。

分配金を出すたびに税金が差し引かれますし、複利の力も働きませんので。

しかし、リタイア後の安定収入のない方にとって、毎月もらえる分配金はありがたいことも確かです。

ですので、退職後の安定的な収入源として分配金を出す投資信託を買っておくというのは、悪い考えではないと思います。

ただ、無分配型の投資信託で効率的に資産を増やし、退職後に一定金額づつ切り崩すという方法もあります。

この方法であれば、効率的にお金を増やしておいて、老後は毎月一定額のお金を確保できます。

手間はかかりますが、分配金を出す投資信託を買うよりもスマートな方法だといえます。

-投資信託, 資産運用

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.