資産運用 ETF

ETFの理論価格と取引価格について

更新日:

色違いのスニーカー

ETFには取引価格理論価格という、2つの異なった価格があります。1つのETFに対して、値付け札が2つもついてるわけです。

「なんで?」

ってことですが、ETFが「上場された投資信託」ということを思い出すと、割と簡単に理解できます。

寝転んでいるトラ
ETFと投資信託の違いとは?

ETF(Exchange Trade Fundの略)は、株式や債券等を1つにまとめたパッケージ商品です。投資信託と同じですね。 ただ、ETFと投資信託は少し違います。   「ETF=株式市場 ...

続きを見る

ETFの取引価格と理論価格とは?

ETF=上場した投資信託」です。

なので、ETFの価格は売買する人の需要と供給によって変わります。買いたい人が多く、売りたい人が少なければ、自然と価格は上がっていきます。

逆だと下がっていきます。この市場で取引されるETFの価格のことを取引価格といいます

しかし、いくら取引価格が変わっても、ETFの本来の価値は変わらないですよね?

たとえば、日経225のETFがあったとします。このETFの基準価額(純資産総額÷総口数)が1万円であれば、いくら取引価格が変わっても、基準価額は変わりませんよね。この変わらないETF本来の価格のことを理論価格といいます

もう少し日常的な話で例えると、「Nintendo Switch」の価格みたいなものです。

Nintendo Switchの定価は2万9980円(理論価格)ですが、需要が多いので4〜5万円(取引価格)で転売されています。本来の価値と、取引される価値が違うわけです。

この取引価格と理論価格の差(乖離率)は、投資家にとってメリットにもデメリットにもなります。

取引価格が理論価格より高いと「損」

ETFの取引価格が理論価格より高い状態のことを「プレミアム」といいます。

プレミアム状態のETFを買ってしまうと、本来の価値以上のお金を支払うことになりますので、損です。これは投資家にとってデメリットといえます。

取引価格が理論価格より低いと「お得」

ETFの取引価格が理論価格より低い状態のことを「ディスカウント」といいます。

ディスカウント状態のETFは、本来の価値以下の価格で買えますので、お得です。この場合は、投資家にとってメリットといえます。

ETFの乖離率が調べられるサイト

国内市場に上場されているETFの場合

etfの乖離率_01

ETFの乖離率は投資情報サイトで確認することができます。

国内市場に上場されているETFの乖離率を調べる場合は、モーニングスター(http://www.morningstar.co.jp/etf/)のサイトが便利です。

乖離率の欄でプラスになっているのがプレミアム状態のETFです。マイナスになっているのがディスカウント状態のETFです。

海外市場に上場されているETFの場合

etfの乖離率_02

海外市場に上場されているETFの乖離率を調べる場合は、ヤフーファイナンス(https://finance.yahoo.com/)が便利です。

調べたいETFのティッカーコード(VTIやVWOなど)を入力すると、取引価格と理論価格(NAV)が表示されます。各ETFの取引価格と理論価格がどれだけ乖離しているのかわかります。

▼続き

海を背景に撮影した手のひら
楽天証券で海外ETFを買う方法

ETFとはなにか?が理解できたら、さっそくETFを買ってみましょう。 本記事では、楽天証券でバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(VTI)を買う方法について紹介したいと思います。 ETFの ...

続きを見る

-資産運用, ETF
-

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.