資産運用

貯金しててもお金は減るの?インフレとデフレの関係について

更新日:

祈る男

インフレしてると、貯金しててもお金の価値は減る
今日の100万円は、将来100万円の価値はない

こんなフレーズ、聞いたことありませんか?おそらく本ブログにたどり着くようなお金の勉強に熱心な方であれば、聞いたことあるでしょう。

残念ながら、インフレしてるとお金の価値が目減りするのは、本当です。今日の100万円が将来100万円の価値が無いのも、本当です。

どういうことでしょうか?

投資家にとって耐え難いこの現象を理解するには、まずインフレーション(インフレ)とデフレーション(デフレ)とは何なのか?から理解しなければなりません。

インフレとデフレの仕組みがわかると、どうして貯金してても損するのかがわかります。

順をおって解説していきます。

インフレーション(インフレ)とはなにか?

インフレとは「商品の値段が上がる」ことです。言い方を買えると、「お金の価値が下がる」ともいえます。

昨日までバナナ1本100円で買えたのに、今日は120円出さないと買えなくなる。インフレしてると、こういう状況になります。

なぜインフレになるのか?ってことですが、一般的に世の中のお金の量が増えすぎるとインフレになると言われています。

どういうことでしょうか?

例えば、皆さんの財布にいつもの2倍お金が入っていたとします。八百屋さんでいつもキャベツ1個だけ買ってたけど、余裕で2個買えるわけです。もしくは、キャベツに加えて大根も買えるわけです。お金がありますからね。

八百屋さんからすると、いつもの倍売れるわけです。これは嬉しいですよね。でも、当然八百屋さんはもっと儲けたい。さてどうするか?値段を上げるわけです。値段を上げても売れちゃいます。だって、お客さんはお金持ってるわけですから。

八百屋さんは値段を上げても売れる。利益が出る。社員さんの給与が上がる。社員さんがたくさんキャベツを買えるようになる。キャベツは売れるからまた値段が上がる…

と、このようにお金が増えると物価が上がっていくわけですね。これがインフレです。(キャベツとか八百屋さんは、『たとえ』ですからね。経済全体のこととしてイメージしてください)

ちなみに、1年前の物価と現在の物価を比べた物価上昇率(インフレ率)は、アメリカなどの先進国で2〜3%。中国などの新興国で7〜8%といわれています。

デフレーション(デフレ)とはなにか?

デフレはインフレの逆の現象です。「商品の値段が下がる」ことです。言い方を変えると、「お金の価値が上がる」ことです。

昨日まで1本100円だったバナナが、今日は1本80円で買える。デフレしてると、こういう状況になります。

一般的に、世の中のお金の量が少なくなりすぎるとデフレになるといわれています。

どういうことでしょうか?

例えば、皆さんの財布にいつもの1/3のお金しかないとします。八百屋さんでいつもキャベツ1個買ってたのに、1/3しか買えないわけです。でも、キャベツは1個単位でしか売ってませんから、キャベツは買えません。

八百屋さんは、キャベツが売れなくなったので、渋々値下げします。値下げしたのでチョロチョロ売れだしましたが、当然値下げしたので利益は出ません。社員さんのお給料は減らされます。仕入れの量も減ります。仕入れの量が少ないので、ますます利益は出なくなります。仕方なく、またキャベツの値段を下げます…

と、このようにお金の量が少なくなると物価が下がっていくわけです。

お気づきかもしれませんが、デフレのたちが悪いところは、さらなるデフレを引き起こすことです。このデフレがデフレを呼ぶ現象デフレスパイラルと言います。

インフレだと貯金しててもお金の価値が減っていく

先ほどお伝えした通り、インフレしてるとお金の価値が減っていきます。100円で買えていたものが、1年後には100円で買えなくなるってことです。

つまり、インフレしてると貯金してても損するわけです。自動的に…。

わかりますよね?貯金「1000万円」という数字は今日も10年後も変わりません。ただ、物価が上がってるわけですから、相対的にお金の価値は減っているわけです。

退職金で3000万円もらっても、そのまま貯金してると10年後には2000万円の価値しか無い。っというような可能性があるわけです。

先進国のインフレ率は年間2〜3%といわれていますから、先進国に住んでる人は毎年2〜3%づつ貯金が切り崩されていくわけですね。勝手に…。

汗水たらして貯めたお金が、ひとりでに奪われていく…。耐えられますか?許せますか?理不尽じゃないですか?

そうです。理不尽です。でも、世の中そんなもんです。だからこそ、自分でインフレと戦っていく必要があります。投資家たるもの、そうでなければなりません。

インフレに負けない投資家になる方法

先進国のインフレ率は年2〜3%と言われていますから、先進国に住む私たちは少なくとも毎年2〜3%づつ貯金を増やし続けていかなければいけません。そうでないと、お金の価値が減っていくわけですからね。

ちなみに、貯金の金利をご存知ですか?年間0.01%から多くても0.2%程度です。こんな低金利では、全くインフレ率に対抗できません。ですので、お金を減らしたくないなら「貯金する」という考え方から「投資する」という考え方に変えなくてはいけません。

投資と言っても、何でもかんでも投資すりゃいいってもんじゃありませんよ。投資して損しちゃったら、意味ありませんからね。

できるだけ安全に、しかもインフレと同じように自動的に増えていくようなものに投資すべきです。それができれば、放っておいてもお金の価値が減ることはありません。

 

「そんな投資先あるの?」

 

っと疑問に思う方は、おそらくまだ投資信託と言うものをご存じないのでしょう。

投資信託については「投資信託の基礎知識」の記事にて紹介していますので、是非参考にしてみてください。

参考投資信託の基礎知識

全世界の株式を一つにまとめたインデックス投資信託に投資すれば、年5%前後の運用益が見込めると言われています。これならインフレに勝てますね。

インフレに勝つ。しかも自動的に勝つなら、インデックス投資信託に投資する。これが答えです。貯金してても勝てません。損します。

投資信託でインフレに負けることなく、簡単かつ堅実に自分の資産を増やしていきましょう。

-資産運用

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.