生命保険

生命保険の相談は独立系FPに。安心して「何度でも無料で相談」できるFPの紹介

更新日:

cafe_talk

生命保険は、家庭の支出の中で特に大きなものの1つです。しかも、生命保険は毎月支払う「固定費」です。なので、生命保険料を削減できると、その分投資にまわせるお金がグッと増えます。

投資に回せるお金は、増えれば増えるほど良いです。その分早くお金持ちになれますからね。

ですので、生命保険は節約しましょう!と言いたいところですが、そんな単純ではありません。生命保険が必要ないと思う方、そうでないと思う方、考え方は人それぞれですので。

たとえば、日本は高額医療制度など、国が保障してくれる制度がしっかりしているので、生命保険は全く必要ないという人もいます。

それに近い考え方で、万が一のため、最低限の保証をしてくれる格安の生命保険に入っておこうと考える人もいます。

一方、生命保険は必要だという人もいます。ご夫婦の一方が亡くなった時にある程度のお金を残してあげたい人であるとか、先天的に普通の人より健康に不安がある方などです。

何が正解で何が間違っているのかは、一概に言えません。それぞれの人のニーズに合った保険に入ればいいだけです。(もしくは、入らなければいいだけです)

 

でも、自分の本当のニーズって何かってわかりますか?何が不安で、その不安を解消してくれる保障の付いた保険はどれかって…、わかります?

 

おそらく、多くの方にとって難しい問題だと思います。だからこそ「FP」という職業があります。

FPとは、FinancialPlannerファイナンシャルプランナー)の略です。その名の通り、個人の人生で必要になるお金のについて、総合的な計画を考えてくれる職業です。

今の保険料に不満がある。もしくは、これから保険に加入しようか考えている方は、FPに相談してみることをおすすめします。

もちろん、自分で一から勉強して決断するという方法もありですが、FPに相談すれば自分で勉強する場合の時間やお金を大幅にカットできます。かなり費用対効果の高い選択肢だと思います。

そもそもFPとは?

そもそもFPとはなにか?といいますと、「お金の家庭教師」みたいなものですね。

将来はこうなりたい!この目標を実現させたい!というような夢や希望を実現できるように、経済面の計画を立ててくれます。

例えば、将来の貯金額老後の生活設計なども計画の一部です。こどもを何人つくって、◯◯◯◯万円の家に住みたいというようなことも計画の一部です。

 

つまり、生命保険のみならず、人生に関わるお金のことについて総合的に相談できるわけです。

 

FPはお金の家庭教師みたいなものだといいましたが、誰でもなれるわけではありません。FPになるには、日本FP協会のFP試験をクリアする必要があります。また、2年ごとに資格更新する必要があります。資格取ったらそれで一生FPを名乗れるわけではありません。

「お金の相談」というシリアスな悩みに的確なアドバイスができるように、厳しい条件が課せられているわけです。それゆえ、安心して相談できるわけですね。

ただ・・・、FPであればどんなFPに相談しても大丈夫なのか?というと、そうでもないので注意が必要です。

できるなら『独立系FP』に相談すべきです。

なぜ普通のFPではなく、独立系FPを選ぶべきなのか?

FPには、「企業系FP」と「独立系FP」という2タイプのFPがあります。

企業系FPは、特定の保険会社や銀行などに所属しているFPです。雇用元の会社の金融商品を売ることで報酬を得ているわけです。

いうなれば、ベンツのカーディーラーみたいなものですね。ベンツ車を売ってお金を稼いでいるわけです。ですので、当然相談に来たお客さんにはベンツ車を勧めます。お客さんの予算とニーズに合った車がホンダ車であったとしても、ベンツの車を勧める…。といった状況になる可能性があります。

これでは、本当に自分に必要な保険が選びづらいのはいわずもがなです。

 

一方、独立系FPは特定の保険会社と雇用関係にありません。独立しています。ですので、相談者のニーズを聞いて、それにあった保険を選んでくれます

つまり、保険ありきではなくニーズありき。保険が必要ない人に押し売りしてくるということは無いわけです。

 

多くの人にとって、企業系FPより独立系FPに相談するほうが有益なアドバイスがもらえると考える理由はここにあります。

ただ、勘違いされてはいけないので書いておきますが、企業系FPが悪いというわけではありません。

例えば、もう◯◯保険に加入しようと決めているけれど、本当に◯◯保険が自分にとって良い保険なのか確認したいというような方には、◯◯保険を売っている企業系FPは強い味方になってくれるでしょう。その保険の知識をふんだんに持っているわけですから。

でも、どんな保険が自分に合っているのかわからない。もしくは、いま入っている保険が本当に自分に必要なのかわからない。という人にとっては、独立系FPの方が向いているといえます。

使い分けが重要ということですね。

FPとの相談料は?保険相談の料金相場について

「FinancialPlanner」なんて堅苦しいワードの職業の方に相談するからには、それ相応の対価をお支払しなくては…、と身構える必要はありません。

FPの1時間あたり相談料

参考料金体系について | 日本FP協会

もちろん、FPによって相談料はピンきりですが、大半(60%以上)のFPが1時間1万円以下の料金で相談にのってくれます。

冒頭で、自分で一から生命保険の勉強するのもアリだといいましたが、これくらいの費用であれば自分で勉強するよりお得だといえるでしょう。

amazonで高レビューの生命保険の本を探したり、本屋で立ち読みしてるうちに1時間なんて経っちゃいますからね。その時間でお金の専門家からアドバイスがもらえるなら、断然費用対効果が高いです。

無料で特定の保険会社に所属していないFPに相談するには?

本当に自分の相談に親身になってくれるFPであれば、何度も相談するし、お金も出したい。でも、いきなり見ず知らずのFPにお金を払うのは抵抗がある。たとえ1時間1万円であっても、ハードルが高い。

こんな風に考える方もいらっしゃるかもしれません。「お金の相談」、特に生命保険のことは、健康に関わる人に言えないナイーブな悩みを含んでいることもありますからね。わかります。

でも、大丈夫です。無料で特定の保険会社に所属していないFPに相談できる保険Navi」というサービスがあります。

相談場所や時間は自由に選べるので、どこに住んでいる方であっても利用できます。全国対応しています。また、何度相談しても無料なので、納得いくまで相談にのってもらえます。

公式HPに「お客様にあった無駄のないご提案をさせて頂きますが、お客様のご意向に添えない場合はお断りいただいて構いません。もちろんしつこい勧誘や強引な押し売り等は一切ございません」と明記されているので、安心して相談できるのではないでしょうか?

相談に来て頂いたFPと相性が悪かった場合は、別のFPを紹介し直してもらえるので、FPとの相性を心配している方も大丈夫です。

公式 保険相談navi

-生命保険

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.