株式投資の学校 ファイナンシャルアカデミー

「逆張り」よりも「順張り」の方が稼ぎやすい3つの理由

投稿日:

逆張りより順張り

素直に上昇トレンドにのって投資する「順張り」と、下降トレンドからの回復に賭けて投資する「逆張り」、どちらも一長一短ありますが…

 

投資初心者おすすめなのは『順張りです。

 

その理由について解説していきます。

トレンドは続く傾向がある

株価の上昇トレンドについても、下降トレンドについても言えることですが、トレンドは継続しやすい傾向があります。

 

上がっている株は上がりやすいですし、下がっている株は下がりやすいです。

 

ですので、上昇トレンドに乗じて投資する順張りは、下降トレンド中の株に投資して上昇トレンドに転換するのに賭けるより安全です。

下降トレンドが転換する明確な理由がわかっているのであれば、あえて逆張り戦略で投資するのも良いかもしれませんが、投資初心者の方が底まで詳細に会社の分析をするのは難しいです。

ですので、素直に上昇トレンドにのって順張りするほうが稼ぎやすいです。

オーバーシュートする可能性がある

株価はオーバーシュートすることがあります。

オーバーシュートとは、「行き過ぎた変動」のことです。株価が予想を超えるような勢いで上昇したり、下降したりすることをいいます。

もちろん、上昇トレンド中にオーバーシュートすれば言うことなしです。上がっている株価が、さらに予想を上回る勢いで上昇するわけですから。

 

しかし、下降トレンド中にオーバーシュートが起こると悲惨です…。

 

下がっている株価が、更に予想を超えて下げていくわけですので。もし、下降トレンドから上昇トレンドへの転換に賭けて逆張りしていた場合、大きく資産を減らしてしまいます。

オーバーシュートが起こる可能性を考えると、やはり逆張りより順張りの方が安全で稼ぎやすいと言えます。

損切りしやすい

上昇トレンドの株に投資した場合、損切りしやすいです。

上昇トレンドのサインが消えたら(例えば移動平均線が下降し始めたら)、そこで損切りすればいいわけですので。

しかし、逆張りで下降トレンドの株に投資していた場合、いつ損切りすればいいか判断しづらいです。

 

投資した後、さらに株価が下がったとき、すぐ損切りできるでしょうか?

 

おそらく大抵の人は、「もう少しで上昇トレンドに転換する」と考えてナンピン買いしてしまいます。もしくは、塩漬けして放置してしまうでしょう。

予想通りに上昇トレンドに転換すれば稼げますが、予想が当たらなかった場合、ナンピン買いした分だけ、資産が減ってしまいます。

塩漬けした場合も当然資産は減りますし、塩漬けしてしまっているので、資産が動かせません。効率的に資産運用できません。

ですので、損失を膨らませず、資産効率を落とさないためにも、逆張りより順張りに徹する方が良いです。

まとめ

  • トレンドは続く傾向がある
  • オーバーシュートする可能性がある
  • 損切りしやすい

もし、逆張り戦略があたった場合、上昇トレンドの開始時点から上昇トレンドの終わりまで投資できるので、大きく稼げます。

 

しかし、それは逆張りが上手く行った場合の話です。

 

プロ並みのファンダメンタルズ分析が出来るのであれば、逆張りで投資してみるのもいいかもしれませんが、投資を初めて間もない方は順張りで投資するのがおすすめです。

参考リンク

株式投資スクールまとめ
ファイナンシャルアカデミー「株式投資スクール」の内容まとめ

お金に関するオンラインスクール「ファイナンシャルアカデミー」の『株式投資スクール』講座内容まとめです。 ⇒ 全てのWEB受講を見て、テキストを読んで、私が重要だと思ったことをまとめました。 株式投資に ...

-株式投資の学校, ファイナンシャルアカデミー

Copyright© シンプル資産運用術 , 2019 All Rights Reserved.