資産運用

仮想通貨 投資、辞めました。

更新日:

Bitcoin statistic coin ANTANA

実は、仮想通貨にちょっと投資してたんです。

でも、昨日すべて売却しました。なぜなら、毎日チャートから目をはなせないからです。いつでもスマホでチェックできてしまいますので。

スマホを閉じているときでも、頭の中は常に「今いくらになってるかな?」ばかり。

 

なんせ、一日に10〜30%上げ下げしますからね…。気にならないほうがおかしいレベルです。

 

これはどうもやばいな。目的と違う投資をしている。長続きしそうにないし、これで儲けたところで何の実力もつかない。なりたい投資家にはなれない。

と思って、売却したわけです。

いまは1ビットコインも1リップルも1ネムも持っておりません。仮想通貨はまったく保有しておりません。

結局いくら損したの?もしかして儲かったの?

に関しては後述するとして、今回の仮想通貨投資の反省点をまとめておきます。

投資しようと思った銘柄と、違う銘柄に投資するという不思議なことをした

仮想通貨に投資する前に、10冊ほど仮想通貨に関する本を読んで、なんとなく全体像は把握しました。

私の考えたことを簡単にまとめると、以下のとおりです。

  • ビットコインどうこういうよりも、その背後にあるブロックチェーン技術が重要
  • ブロックチェーン技術は通貨以外でも応用可能。別に仮想通貨が凄いというわけではない
  • 流通量と将来性と価格を考慮して、ビットコインキャッシュとリップルを買っておこう

ビットコインは実際利用しようとすると手数料が高すぎるので、「手数料が安いデジタル通貨」という本来の目的を果たせない。(しかも、決済時間も長い)

なので、おそらくビットコインキャッシュが本来のビットコインの役割を果たすであろうと考えました。

リップルは「国際送金を早く低コストで行う」という明確な目的があり、しかも実際に銀行等と組んで実験してるとのことだったので、買いだなと。

で、「リップル70%:ビットコインキャッシュ30%」ぐらいで投資すればいいかと考えました。

 

でもですね…

 

なぜか、投資する際にリップルとビットコインキャッシュのチャートを見て、全額ビットコインキャッシュに投資しました。"なんとなく"リップル上がりそうにないなと感じたからです。

チャートの読み方も知らないのに!

おそろしいでしょ?

完全に自分をコントロールできていません。

全てのシーンで自分の行為を正当化する

その後、保有している仮想通貨の価格はどんどん上昇し、それにともなって自己正当化がはじまります。

  • やっぱり自分の"予想したとおりだった!"(←そもそも何も予想してないし、上がる根拠も知らない)
  • 俺は運がいいんだよね〜(←これはその通り)
  • どうしてみんな上がることがわからないんだろ?ほぼ100%確実じゃん。(←上がる理由を言えといわれても答えられないのに…)

仮想通貨の価格が下がっても、自己正当化します。

  • こいつのツイートは煽ってるだけ。何もわかってない。すぐ上がるに決まっている(←決まってない。現に下がっている)
  • 1ヶ月前も同じようなチャートの形してるから、2〜3日後に上昇するだろう(←いや、だからチャート読み方知らないから、お前は)
  • ガチホだな(←「損切りしたくない」からの逆ギレ正当化)

もう、どうしようもないですね…

水瀬ケンイチさんの著作も、橘玲さんの著作も読んで、投資で生活が無茶苦茶になる恐ろしさは"知っていた"のに"学んでいなかった"わけです。

都合の良い情報しか見ないし聞かない。それ以外は納得しないか無視する

ネットで仮想通貨に関するニュースを収集し、自分にとって都合のいいニュースは「その通りだ!」と思い、都合の悪いニュースを見つけると「そんなはずはない…」と思って都合のいいニュースを収集してました。

もう、正常な判断はできていない状態ですね。

常にチャートをみてドキドキしている。眠れない

スマホ片手にベッドに入り、刻々と変わる仮想通貨の価格を眺めてしまうんですね。

ちゃんと睡眠とって明日働かなくちゃいけないのに、どうしても眠れないんですよね。気になって気になって…

数日この状態を繰り返した後、気づきました。

 

もうダメだな。今の自分は自分が目指している投資家ではない」と。

 

運良く正気に戻り、全ての仮想通貨を売却しました。

仮想通貨をすべて売却して失ったもの

  • 将来 仮想通貨が爆発的に上昇したときの利益
  • 集中力
  • 睡眠時間
  • 勉強時間
  • 損失10〜20万円

仮想通貨を売却したことにより、今後仮想通貨の価格が爆発的に上昇したとしても、私はその利益を得られません。(でもそれで満足です。自分の決断に後悔はありません)

仮想通貨に投資していた期間、仮想通貨の値動きを考えるあまり、集中力はなくなっていました。睡眠時間もなくなっていました。

仮想通貨のことで頭が一杯で、勉強もまともにできませんでした。

挙句の果てに、売却して損しました。取引手数料も合わせて10〜20万円の損です。この程度で済んで良かったです。

仮想通貨を手放して得られたもの

  • 集中力
  • 睡眠時間
  • 勉強時間
  • 株式投資への意欲
  • 自分の投資スタイル

仮想通貨をすべて売却したことによって、それまで失っていた集中力・睡眠時間・勉強時間は全て取り戻せました。

スヤスヤ眠れます。身体軽いです。絶えず脳内を支配していた「お金がなくなるかも…」の不安が消えました。

仮想通貨投資が自分に合っていないということがわかり、しっかり株式投資の勉強をしようという意思が固まりました

やっぱり、自分に合っているのは『配当を出す安定成長銘柄への長期投資』なんですよね。

要するに、投資信託やETFへの長期投資です。これが自分の投資スタイルです。頭に叩き込みました。

他の投資をするとしても投資信託・ETF投資でしっかりと資産を築いてからです。

それでも仮想通貨に投資してみたい方へ

この記事を読んでも、仮想通貨投資に挑戦してみたいという人もいると思います。別に私は止めません。実際、私は投資してたんですからね。

投資は人それぞれですし、仮想通貨投資が合う人もいるかもしれません。

挑戦してみるのはいいとは思います。自分に合うか合わないかをテストする意味で、少額だけなら。(一発逆転狙って全資産投資するとかはダメですよ)

私はなんでもちょっと手を出してみる派です。

たとえば、神戸製鋼が不祥事を起こした時、『これはテンプルトン卿のいうところの「悲観の極み」だ!絶好の買い時だ!』と思って、投資してみました。

運良く、このときは儲けさせていただきました。

でも、落ちるナイフを拾いに行くような投資法だったので、自分には合いませんでした。

今回の仮想通貨への投資も、どんなもんかな?と思って挑戦してみたわけです。結果として、私には合いませんでした。

こういう挑戦と失敗を繰り返しながら、自分にあった投資スタイルが少しづつ明確になっていくんだと思います。

「賢者は他人の失敗から学ぶ」なんていわれますが、私は賢者ではないので、やっぱり自分でやってみないとわからないんですよね。

でも、挑戦するごとに、その結果が失敗であっても成功であっても、成長していることは確かです。仮想通貨投資も挑戦してみてよかったと思ってます。

大やけどせずに済んだのもラッキーでした。なかには数千万損したという人もいますから…(リンク貼ると可哀想なのでやめておきます。「仮想通貨 投資 損」などで検索してみてください)

これから10年後、たとえ仮想通貨の価格が10倍、100倍になろうと、全く気にならないぐらい株式投資で安定的に稼ぐことができるスキルを身につけようと思います。

株式投資のスキルを身につけるまでは、淡々と投資信託・ETFに投資し続けます。

【証券会社】投資信託におすすめの証券会社(ネット証券)比較

投資信託に投資するなら、証券会社に「証券口座」を作る必要があります。 これから投資をはじめる投資初心者の方は、「証券口座って・・・?」と戸惑われるかもしれませんが、大丈夫です。特に難しいことは何もあり ...

-資産運用
-

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.