株式投資の学校 ファイナンシャルアカデミー

特定口座と一般口座のどちらで口座開設すべき?

更新日:

特定口座か一般口座か

株式投資を始めるためには、証券会社にお金を預けるための口座を開設する必要があります。

証券会社で開設できる口座は…

 

  • 特定口座(源泉徴収あり)
  • 特定口座(源泉徴収なし)
  • 一般口座

 

の3つです。

結論から言うと、「特定口座(源泉徴収あり)」を選んでおけばOKです。

特定口座(源泉徴収なし)と一般口座で口座開設するメリットはほぼありません

特定口座(源泉徴収なし)を選ぶべき理由

株式投資で利益がでた場合、確定申告をして利益に対して約20%の税金を払う必要があります。

もし、あなたが特定口座(源泉徴収あり)もしくは、一般口座を使っていた場合、自分で確定申告して税金の支払手続きをしなければなりません

 

しかし、特定口座(源泉徴収なし)を使っている場合は、自分で確定申告する必要がありません。証券会社があなたの代わりに税金の支払い手続きを代行してくれます。

 

ですので、毎年 投資の確定申告をするのが面倒なのであれば、特定口座(源泉徴収なし)を選ぶようにしましょう。

一般口座を使わなくていい理由

ちなみに、どうしても確定申告を自分でしたい場合は、特定口座(源泉徴収なし)を選ぶようにしましょう。

特定口座(源泉徴収なし)でも、一般口座でも、自分で確定申告する必要がありますが、特定口座(源泉徴収なし)を使っている場合は、証券会社が確定申告に必要な書類(年間取引報告書)を用意してくれます

一般口座を選んでいた場合は、それすら自分で用意する必要があります

ですので、たとえ確定申告を自分で行いたい場合であっても、一般口座は選ぶ必要がありません。

ただただ面倒くさいだけです。

特定口座(源泉徴収なし)を使うメリット

ちなみに、特定口座(源泉徴収あり)ではなく、特定口座(源泉徴収なし)を選ぶメリットが一つだけあります。それは…

 

株式投資で稼いだ利益が年間20万円以下だった場合、税金を収めなくていいということです。

 

特定口座(源泉徴収あり)を選んでいた場合、株式投資で稼いだ利益が20万円以下でも20万円以上でも、自動的に税金支払手続きが行われてしまいます。

ですので、年間20万円も利益が出なかった場合でも、その利益に対しての税金を支払ってしまいます。

『特定口座(源泉徴収あり)より、特定口座(源泉徴収なし)いいじゃん。』と思われたかもしれませんが、よく考えてください。

 

本当に、株式投資で年間20万円以下しか稼がないつもりですか?

 

おそらく、大抵の人はもっと稼ぎたいと思っているはずです。

たとえ今は年間20万円以下しか稼げなくても、将来は稼げるようになるかもしれません。

ですので、長期的視野で考えると、やはり特定口座(源泉徴収あり)を選んでおくほうがいいです。

証券口座で一度口座開設すると、あとで変更できません。特定口座(源泉徴収なし)を開設しておいて、あとで特定口座(源泉徴収あり)に切り替えることはできません。ですので、証券口座は注意して選択してください。

まとめ

  • 特定口座(源泉徴収あり)なら確定申告しなくていい(証券会社が代行してくれる)
  • 一般口座と特定口座(源泉徴収なし)は使わなくていい(確定申告を自分でやる必要がある)
  • 証券口座は後で変更できない。注意して選ぶこと
  • 結論!特定口座(源泉徴収あり)を使おう

基本的に、プロ投資家でもアマチュア投資家でも、ほとんどの方が特定口座(源泉徴収あり)を選んでいます

どの口座にしていいか迷うようであれば、特定口座(源泉徴収あり)を選ぶようにしましょう。

もちろん、私も特定口座(源泉徴収あり)で口座開設しています。

参考リンク

株式投資スクールまとめ
ファイナンシャルアカデミー「株式投資スクール」の内容まとめ

お金に関するオンラインスクール「ファイナンシャルアカデミー」の『株式投資スクール』講座内容まとめです。 ⇒ 全てのWEB受講を見て、テキストを読んで、私が重要だと思ったことをまとめました。 株式投資に ...

-株式投資の学校, ファイナンシャルアカデミー

Copyright© シンプル資産運用術 , 2019 All Rights Reserved.