英語

なぜ「危機感のある目標」を作ると英語を短期間で習得できるのか?

投稿日:

スポーツに夢中の少女たち

短期間英語習得するためには、「危機感のある目標」を設定する必要があります。

 

でないと、本気で勉強しようとしないからです。

 

TOEICとはIELTSのテストスコアを目標にするのはベストではないんですね。

なぜなら、目標点を取れなくても別に何もおこりませんし、だれしも高得点が取りたいから英語を勉強しているわけではないですから。

なので、英語を短期間で習得するには「本当は何のために英語を習得したいのか?」を明確にし、それを期限つきの目標に仕上げるのが良い方法です。

英語を学ぶために、テストスコア(IELTS6.0やTOEIC800点など)を目標にしてはならない理由

たとえば、TOEIC800点取りたい人は、第一希望の就職先企業がTOEIC800点を要求しているからかもしれませんよね?

であれば、それがTOEIC800点取得の先にある本当の目標です。

もしくは、その就職先企業を踏み台にして海外企業で働きたいと考えているなら、そっちが本当の目標になりますね。

 

ただ単にテストスコアのために英語を勉強しているのではありません

 

ここを間違ってしまうと、モチベーションが維持しにくく、結果として短期間で英語を習得できなくなってしまいます。

やる気が無いのにいくら勉強したって、知識は身につきませんので。

なので、本当に自分が達成したいと思う目標を設定し、それを目指して英語を勉強する必要があります。

テストスコアは、本当の目標を達成するためモノサシでしかありません。自分の現在地を知り、自分と目標との距離が後どれくらいあるのかを測るためだけのものです。

 

ですので、テストスコアは英語を学ぶ本当の目的にはなりえません

 

まぁ、学生の方であれば、とりあえず受験のためにTOEIC○○点とらなくてはならない!というような危機感がありますからね。

英語を学ぶ本当の目的とかうんぬん考えなくても、危機感に煽られてモチベーションが続くことはあります。短期間で英語を習得できてしまう場合もあります。

しかし、社会人の場合、受験はありません。ですので、「どうしてもTOEIC○○点とらなくてはならない!」という危機感がありません

よって、なおさらテストスコアを目標にすべきではありません。

では、危機感をもって英語を短期間で習得するためには、何を目標にすれば良いのでしょうか?

海外で開催される各業界の見本市・展示会への参加を目標にすると良い

以下の記事で紹介した「人生最後の英語鬼速やり直し」に、テストスコアではない目標として面白い例が載っていました。

スピーチする外国人男性
「人生最後の英語鬼速やり直し」から学ぶ最短英語学習法

「最強の独学術」に続き、英語を最短最速でマスターするのに役立ちそうな本を見つけました。 それが「人生最後の英語鬼速やり直し」です。 1年で英語をマスターするためのマンツーマン英会話教室「トライズ」代表 ...

続きを見る

 

旅行目的でチケットを予約するのもよいですが、もっとよいのは自分の業界の海外見本市への参加を目標にすることです。

おそらく、どのような業界でも関連する見本市が世界各国で開催されていると思います。

しかも、多くは閉会式などのタイミングで翌年の開催地と開催期間が発表されます。

つまり、1年後の行き先としてはうってつけというわけです。

たとえば、ガジェットブロガーの方であれば、Appleの新製品発表会。もしくは、筋トレyoutuberの方であれば海外ボディビル大会への参加などなど、鉄板のものがありますね。

そういった自分が興味のある海外の展示会やセミナーへの参加を目標にしてしまいましょう。

社会人の方であれば、何かと理由つけて行きやすいのではないでしょうか?うまくすれば旅費も経費で落とせるかもしれません。

ちなみに、「人生最後の英語鬼速やり直し」では、1年先の展示会・セミナー等参加のために、今すぐ航空券を買ってしまうのも良い方法だと紹介されています。

航空券を予約してしまえば引き返せませんし、航空券代を無駄にしたくありませんから、自然と危機感がでますよね。これなら短期間で英語を習得できそうです。

さて、英語を短期間で習得するために、テストスコアでない正しい目標を決めた。明確な期限も決めた。あと必要なことは何でしょうか?

最強の独学術」と「人生最後の英語鬼速やり直し」で共通して強調されていることは以下の5つです。

楽しそうに勉強している女の子
【英語】「最強の独学術」から学ぶ最短でIELTS6.0達成する勉強法

今年一年は、IELTS6.0達成に向けて頑張っていこうと考えています。 IELTS対策用のオンライン英会話スクールはどこがいいのか?の分析は終わりました。 次は、どうやって英語を勉強すればいいのか?と ...

続きを見る

1年以内で英語を習得するために大切な5つのこと

  1. 本当に実現したい目標(正しい目標)を具体的に決め、それ以外は切り捨てる
  2. 明確な期限を決める(1年以内)
  3. ロールモデルを見つけて真似る。達成後の自分をイメージする
  4. 自分に最適な参考書をひたすら繰り返す
    (少ない方が良い。あれこれ手を出さない)
  5. PDCA高速回転
    (客観的なスコアが出るテストを受ける。ブログなどで公に可視化することで適度なプレッシャーをかける)

1年以内に海外で開催される展示会の参加を目標に設定したら、あと必要なことは、それを達成した人を見つけて真似る

「達成後はこの人のような自分になっているんだ」とイメージする

そして、そのイメージを実現させるために、自分に最適な参考書を見つけ、ひたすらそれを繰り返し学ぶ。あれこれ手を出さない。

展示会参加までの1年間、ひたすらテストを受け、弱点を見直し、インプットとアウトプットを繰り返す。PDCAを回し続ける

以上です。

今年1年、たった1年だけ、英語がんばっていきましょう。失敗したって損しません。

英語をマスターすれば、海外で通用する自分に近づけるわけです。この先数十年の可能性が広がると思えば、ちょっとやる気出ませんか?

日本の人口は約1億2000万人、英語を話せる人の人口は約17億5000万人だといわれています。

参考世界人口約70億人のうち英語人口はどれくらい? | たかが英語されど英語 おとなの英語習得法

海外に目を向ければ、10倍以上の人々をお客さんにできるわけです。

ん?客商売してなから、市場が広がることに興味はありませんか?

でも、男性なら彼女候補、女性なら彼氏候補が日本→世界レベルで探せるわけですから、それならちょっと興味がでるのでは?

まぁ、モチベーションがわくのであればなんでも良いです。

英語マスターするために、利用できるものはなんでも利用しましょう。1年しかありませんからね。

飛行機に乗るパイロットの女性
【オンライン英会話】IELTS対策!DMM英会話・ベストティーチャー・mytutor徹底比較

IELTS対策コースのあるオンライン英会話スクール3社(DMM英会話・ベストティーチャー・mytutor)の無料体験レッスンを受けました。 DMM英会話の無料体験レッスン感想 ベストティーチャーの無料 ...

続きを見る

-英語

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.