株式投資の学校 ファイナンシャルアカデミー

株式分割・増資・自社株買いの違い、メリットデメリットについて

更新日:

資本異動

企業は。お金を調達したい場合、もしくは株主価値を高めたい場合、株式を新たに発行したり買い戻したりします。

これを資本異動といいます。

体表的な資本異動は以下の通りです。

 

  • 株式分割
  • 増資
  • 自社株買い

 

それぞれの違い、メリットデメリットについて解説しましたので、参考にしてみてください。

上手く資本異動のタイミングを捉えられれば、資産を効率よく増やすことが出来ます。

株式分割とは?

株式分割とは、すでに発行されている株式を2株、3株と分割して、株式発行枚数を増やすことです。

株式分割が行われると、株主は何もしなくても株式保有枚数が一気に2倍、3倍となります。

しかし、資産が2倍、3倍と増えるわけではないので注意してください。

例えば、株価1000円の株が1株→2株に二分割される場合、その分割数に従って株価も1000円→500円に調整されます

ですので、株主の資産が増えるわけではありません。株主の株式保有枚数が増えるだけです。

ただ、発行枚数が増えることで流動性が高くなりますし、株価も低くなって買いやすくなります

ですので、株式分割が行われると、結果的に株価が上がり、株主の資産が増える場合が多いです。

ちなみに、株式分割が行われても株の価値は変わりません。

例えば「1株益10円、純利益1000円、株価100円、株式発行枚数100株」の株があったとしましょう。この株のPERは、株価100÷1株益10=10となります。

もし、この株が株式分割によって2分割にされた場合、「1株益5円、純利益1000円、株価50円、株式発行枚数200株」となります。

株式分割後のPERは、株価50÷1株益5=10となります。どちらも株の価値は変わっていません。

増資とは?

増資とは、新たに株式を発行することです。

主に企業が事業資金を調達したいときに行われます。

増資は、既存の株式を分割して株式発行枚数を増やすわけではなく、新たに発行するので、既存の株主にメリットはありません。

むしろ、株の希薄化によって一株あたりの価値が減るので、増資は株主にとってデメリットです。

どういうことか説明します。

1株益100円の会社が増資によって株式発行枚数を2倍にした場合、1株益は50円になります。

株式分割の場合、既存の株が分割されますので、株主の持株数が2倍に増えます。また、株価も分割比率によって調整されますので、株の希薄化は起こらず、株主にデメリットはありません。

しかし、増資の場合は、新たに株式を発行するので、株主の持株数は増えません

また、株価の調整もされません。ですので、株の希薄化だけが起こります

よって、増資は既存の株主にとってデメリットになるわけです。

例えば、「1株益10円、純利益1000円、株価100円、株式発行枚数100株」の株があったとします。この株のPERは、株価100÷1株益10=10となります。

もし、この株が増資によって株式発行枚数を2倍にした場合、「1株益5円、純利益1000円、株価100円、株式発行枚数200株」となり、PERは、株価100÷1株益5円=20となります。(増資の場合、株価は調整されません)

増資によって割高な株になってしまったのがわかります。

自社株買いとは?

自社株買いは、増資とは逆に、企業がすでに発行した株式を買い戻すことです。

株式発行枚数が減るので、結果的に1株益が増えます

一株益が増えると、PERが低くなり、自社株買い実施前より割安な株になります。

また、自社株買いは、企業自身が自社の株があまりにも割安に放置されていると判断していることになりますので、市場は自社株買いを好材料として捉えます

ですので、自社株買いが発表されると、買い需要が増え、株価が高くなりやすいです。

株式分割・増資・自社株買いのメリットデメリット

株式分割 既存の発行済株式を1株→○○株に分割すること。 基本的に株主の保有している株の価値は変わらない。

しかし、流動性が増すので結果的に株価上昇のきっかけになりやすい。

増資 新規に株を発行すること。 既存の株の価値が薄れる。一株益の希薄化が起こる。

よって、株価下落の要因になる。

自社株買い 会社が自社の発行済株式を買い戻すこと。 既存の株の価値が上がる。株式発行枚数が減り、1株益が増える。

よって、株価上昇の要因になる。

株式分割、増資、自社株買いが株主に与えるメリット・デメリットは上記の通りです。

もちろん、例外はありますが、概ね上記表の結果になりやすいです。

まとめ

  • 株式分割:株主にとってプラス。株価が上がる要因になる
  • 増資:株主にとってマイナス。株価が下がる要因になる
  • 自社株買い:株主にとってプラス。株価が上がる要因になる

ところで、東京証券取引所は上場企業に「最低取引単位が50万円以内にするように」というガイドラインを設けているのをご存知でしょうか?

ガイドラインですので、無視している企業もあります。

ただ、「裁定取引単価が50万円以上になっている株は、株式分割する可能性がある」と考えて、投資候補にリストアップしておくのもいいかもしれません。

参考リンク

株式投資スクールまとめ
ファイナンシャルアカデミー「株式投資スクール」の内容まとめ

お金に関するオンラインスクール「ファイナンシャルアカデミー」の『株式投資スクール』講座内容まとめです。 ⇒ 全てのWEB受講を見て、テキストを読んで、私が重要だと思ったことをまとめました。 株式投資に ...

-株式投資の学校, ファイナンシャルアカデミー

Copyright© シンプル資産運用術 , 2019 All Rights Reserved.