資産運用

株価指標まとめ(EPS・PER・BPS・PBR・CFPS・CFPR・ROA・ROE)

投稿日:

経済新聞を読む男

投資に興味がある方なら、「PER」や「PBR」といった株価指標を見聞きしたことがあると思います。

ただ、それらの"言葉"は知っていても、それが何を意味するのかまで知っている人は少ないのではないでしょうか?

 

『私は投資信託しか買わないから興味ない!』

 

という人もいらっしゃるとは思いますが、いつか個別株投資に挑戦する日がくるかもしれません。

主要な株価指標についてまとめましたので、個別株投資に興味がでてきた人は参考にしてみてください。

EPSとは

EPS=当期純利益/発行済み株式枚数
(一株あたり当期純利益 Earning Per Share)

EPSとは、一株あたり当期純利益のことです。

純利益を発行済み株式枚数で割ることで算出します。

EPSによって、一株あたり会社がいくらの利益を生み出しているかが分かるわけですね。

一般的に、EPSが高いほど収益性が高いと言われています。

たとえば、自社株買いなどで発行済み株式枚数が減った場合、EPSは上がります。当期純利益を割る分母の数が減ることになりますので。

PERとは

PER=株価/EPS
(株価収益率 Price Earning Ratio)

PERは、現在の株価が一株あたり当期純利益(EPS)の何倍になっているかを表します。

一般的に、株価はその会社の15年先までの利益を見込んで形成されているといわれています。

ですので、PER15以下だと割安。それ以上だと割高だと言えます。

ただ、PERは業界によって平均値が違います。

流行に左右されない老舗企業の場合と、テック業界の最先端企業の場合でも、PERは全然違います。

PERが高いから買わない、安いから買うというのも1つの判断基準ではありますが…

何でもかんでもPER15以下なら割安というわけではありませんので、その点は注意が必要です。

BPSとは

BPS=純資産/発行済み株式枚数
(一株あたり純資産 Book value Per Share)

BPSとは、一株あたり純資産のことです。

純資産を発行済み株式枚数で割ることで算出します。

一般的に、BPSが高いほど会社の安全性が高いといわれています。

たとえば、会社が負債を全て返済し、残った純資産を株主全員で分けた場合、株主はBPS×保有株式のお金を得るわけです。

ですので、BPSは株主にとって、会社の解散価値とも考えられます。

PBRとは

PBR=株価/BPS
(株価純資産倍率 Price Book value Ratio)

PBRは、現在の株価が一株あたり純資産(BPS)の何倍で取引されているかを表します。

たとえば、会社のブランド価値は貸借対照表(バランスシート)には計上されていません。

Appleやフェラーリ、ディズニーなどのブランドの価値を数値化して貸借対照表に記入することはできませんので。

しかし、ブランド価値は存在しています。

ですので、PBRはそういう貸借対照表に載らないブランド価値等の無形資産も考慮され、「1」より高くなっているのが普通です。

逆に1より低い場合、株価が会社の解散価値より低い値で取引されているわけですから、割安と言えます。

CFPSとは

CFPS=営業キャッシュフロー/発行済株み株式枚数
(一株あたり営業キャッシュフロー Cash Flow Per Share)

CFPSとは、一株あたりの営業キャッシュフローのことです。

営業キャッシュフローを発行済み株式枚数で割って算出します。

PCFRとは

PCFR=株価/CFPS
(株価キャッシュフロー倍率 Price Cash Flow Ratio)

PCFRは、株価が一株あたり営業キャッシュフロー(CFPS)の何倍で取引されているかを表します。

一般的に、株価は10年先のCFPSを見込んで形成されているといわれています。ですので、PCFRが10倍以下なら割安、それ以上なら割高と考えられます。

とはいえ、PCFRもPERと同じく、業界ごとに平均値が違います。あくまで1つの基準、一つの指標でしかありませんので、ご注意を。

ROAとは

ROA=当期純利益/総資産
(順資産利益率 Return On Asset)

ROAは、総資産に対して利益をどれだけ生み出しているかを計る指標です。

当期純利益を総資産で割ることで算出します。

ROAが高いほど、効率的に利益を生み出している収益性の高い会社と考えられます。

ROA5%前後であれば標準的。10%以上だと優良といわれています。

ROEとは

ROE=当期純利益/純資産
(自己資本利益率 Return On Equity)

ROEは、自己資本(純資産)に対してどれだけ利益を生み出しているかを計る指標です。

当期純利益を純資産で割ることで算出します。

ROAと同じく、ROEの数値も高ければ高いほど効率的に利益を生み出していることを意味します。

一般的に、ROAは8%程度が標準的といわれています。

まとめ

  • EPS=当期純利益/発行済み株式枚数
  • PER=株価/EPS
  • BPS=純資産/発行済み株式枚数
  • PBR=株価/BPS
  • CFPS=営業キャッシュフロー/発行済株み株式枚数
  • PCFR=株価/CFPS
  • ROA=当期純利益/総資産
  • ROE=当期純利益/純資産

基本的に、投資信託・ETFに長期投資する方は、上記の指標を覚える必要はありません。

主に個別株投資する場合に必要な知識です。

そもそも、このような指標を用いて投資したところで、長期的に稼ぎ続けられる人は皆無です。

それは、アクティブファンドの9割がインデックスファンドのパフォーマンスに勝てないという事実からも明らかな通りです。投資のプロでも難しいんです。

女性ボクサー
投資信託の運用方針の違い(インデックスファンド・アクティブファンドの違い)

投資信託は、その種類ごとに運用方針に違いがあります。 大別すると「積極的に稼ぎにいく運用方針(アクティブ運用)」と「消極的で安全堅実をめざす運用方針(パッシブ運用)」の2つがあります。 文字だけ見ると ...

続きを見る

 

ただ、たまーに、素人が見ても明らかに株価が本来の価値より割安になる場合があります。

たとえば、リーマンショック・原発事故・大規模災害が起きたときの株式市場を思い出して頂ければ分かると思います。

そういうとき、本記事で紹介した指標を知っていると、割安株を購入するのに役立つかもしれません。

 

▼以下の本は、株価指標を図解しながら詳しく解説されているのでおすすめです。「決算書を読む技術」と合わせて読むとなお分かりやすいと思います。

▼株価指標を算出する際に必要な、決算書の読み方に関しては、以下の記事でまとめています。

聖書を読む子ども
【図解】決算書の簡単の読み方(バランスシート・損益計算書・キャッシュフロー計算書)

私は投資信託とETFを中心に資産運用していますが、徐々に個別株投資にも挑戦していこうと考えています。   なぜなら、早くお金持ちになりたいからですね。(この辺りは正直に)   皆さ ...

続きを見る

-資産運用

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.