資産運用 ETF

トライオートETFの自動売買は簡単!ほったらかし投資可能で初心者にもおすすめ

更新日:

トライオートETF_01

本ブログは投資信託とETFに関する記事を中心に書いていますが、投資信託やETFに投資する人は…

  • 低リスクで
  • 出来るだけ簡単に
  • ほったらかし投資したい

という人が多いと思います。

結局、低リスク・簡単・ほったらかしを実現できる投資法を突き詰めていくと、投資信託・ETF投資に行き着きますので。

でも、低リスク・簡単・ほったらかしが可能なのは、投資信託・ETF投資だけではありません

トライオートETFの『ETF自動売買』も、低リスクで簡単にほったらかし可能な投資法です。

トライオートETFとは?

トライオートETFとは、インヴァスト証券が提供しているETFを自動で売買できる「ETF自動売買」サービスのことです。

"自動売買"とは、株価が予め設定しておいた価格になると自動的に売り、その後 株価が予め設定しておいた価格になったら買う。というように、設定しておいた値に応じて自動的に売買させる仕組みのことです。

要するに、一度設定しておけば後はプログラムが勝手に売買してくれるので「ほったらかし投資」できるわけです。

トライオートETFで買える銘柄

トライオートETF_02

トライオートETFでは、S&P500やTOPIXに連動するETFの他に…

 

トライオートETF_03

生活必需品株に投資するETFや…

 

トライオートETF_04

中国株に投資するETFなど、様々なETFに投資することが出来ます。

 

トライオートETF_05

また、レバレッジをかけたETFで自動売買できるのもトライオートETFの面白いところです。

"レバレッジをかけたETF"と聞くとリスクが高いように感じますが、そんなに心配することはありません。

自動売買によって予め損切りラインを設定しておけば、レバレッジをかけたETFでもリスクコントロールしつつ投資できます

でもまぁ、レバレッジをかけたETFが怖いなら、無理して買う必要はありません。レバレッジがかかってないETFを買えばいいだけですので。

一応、そういう銘柄も買えるというだけの話ですね。

お金に余裕がある人は、上昇相場のときに試してみるのも面白いかもしれません。

「スリーカード」ってなに?「追尾」ってなに?

トライオートETF_06

ところで、トライオートETFで買える銘柄に「スリーカード」または「追尾」と記載されているのが気になったかと思います。

これは何かといいますと、予め設定してある自動売買プログラムの種類のことですね。

「何円上がったら売って、何円下がったら買いなおす」という売買の値幅、特性がスリーカードと追尾によって違うわけです。

スリーカードと追尾の違いについては、以下のページで詳しく解説されています。

予め設定してある自動売買プログラムを使うのが嫌だという人は、自分で設定し直すことも出来ますので、心配いりません。

トライオートETF側が、初めてトライオートETFで売買する人のために、予め自動売買の設定を済ませた商品を販売しているだけです。

とりあえず自動売買設定済みの商品に投資してみて、投資成績が好ましくなければ自分で設定しなおす。というのもありですね。

はじめてトライオートETFを使う人が、最初から自分で自動売買の設定するのは少しハードルが高いかもしれませんので。

トライオートETFで全世界に投資できる銘柄

トライオートETF_07

トライオートETFでは、全世界の株式に連動するETF「iシェアーズ MSCI ACWI ETF」にも投資できます

トライオートETFでiシェアーズ MSCI ACWI ETFに投資すれば、簡単に自動売買で全世界にほったらかし投資できるわけです。

日本株○○%、米国株〇〇%、新興国株○○%というように、自分でポートフォリオ配分を考えて投資する必要はありません。

「自動売買」と「積立投資」の違い

トライオートETF_08

自動売買のイメージ

ちなみに、「自動売買」と「積立投資」は根本的に違います

 

ここ注意してください。

 

積立投資の場合、株価が上がろうが下がろうが一定額投資し続けるわけです。20〜30年の期間で考えれば、最終的に株価は上がると期待して。

一方 自動売買の場合は、株価が上がろうが下がろうが売買を繰り返すことになります。バイ・アンド・ホールドではありません。売っては買って、買っては売ってを繰り返します。

コツコツと利益確定して、お金を増やしていくわけです。つまり「長期的に考えれば株価が上がる」とは期待していないわけです。

 

株が上がろうが下がろうが、とにかく小さな利益を積みましていくのが自動売買です。

 

ですので、自動売買は、楽天証券やSBI証券で投資信託・ETFに積立投資する感覚とはちょっと違います。

「投資信託・ETFでほったらかし投資する」のと「自動売買でほったらかし投資する」のとでは、利益の増やし方の性質が違うと覚えておいてください。

結論!自動売買 初心者にトライオートETFはおすすめ

  • 自動売買プログラム設定済みの商品に投資できる
  • 値幅指定だけで自動売買の設定可能(プログラミング必要なし)
  • インデックス投資家に馴染みのあるETFで自動売買できる(TOPIX・S&P・MSCI連動ETFなど)

"自動売買"というと、なんだか難しそうだな…リスクが高そうだな…と感じてしまいがちでが、トライオートETFはその辺り親切です。

自分で自動売買の売値買値を設定しなくても、すでに設定済みの商品に投資できます。

自分で自動売買の設定をする場合も、値幅指定するだけでOK。プログラミングのスキルは必要ありません

また、投資信託やETFに投資している人に馴染みの深い銘柄をラインナップしてくれているので、リスクが把握しやすいです。

ですので…

  • 初めて自動売買に挑戦する投資初心者の人(投資自体が初体験)
  • 投資信託・ETFに投資しているものの、自動売買はやったことがない人

こういう人に、トライオートETFはおすすめです。

というか、そもそもトライオートETF自体が「初心者でも簡単に自動売買できる」を目指して作られたサービスですので、当たり前といえばあたりまえなんですけどね。

個人的にはハイリスクなバイナリーや仮想通貨に投資するより、自分でリスクコントロールしつつ投資できる自動売買の方がよっぽど良いのではないかなと感じます。

現在 トライオートETFはキャンペーン中ですので、新規口座開設&初取引で10000円もらえます

自動売買に興味が出てきた人は、いきなり大金を突っ込むのではなくて少額から試してみると良いと思います。

-資産運用, ETF

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.