資産運用 投資信託

投資信託 初心者はバランスファンドで決まり!資産配分もリバランスも全部おまかせ!

更新日:

積み上げられた石

投資でお金を増やしたいけれど、投資のことはよく分からない。これからも投資のことを勉強し続ける時間は取れそうにない。でも…投資でお金を増やしたい。

こういう人は少なくないと思います。仕事をしながら投資もがんばる余裕のある人は、そこまで多くありませんので。しかし、諦める必要はありません。投資に時間が取れない人でも、貯金より効率的にお金を増やしていける金融商品があります。それが、バランスファンドです。

バランスファンドは投資信託の一種ですが、株式だけでなく、国債やREITなどの複数の金融商品が含まれているという特徴があります。いろんな金融商品を取り入れることで、市場のリスクに対して「バランス」をとっているわけです。

なぜ、このバランスファンドが投資に割く時間がない人にとって最適なのかは、バランスファンドの仕組みを知るとよくわかります。

バランスファンドとは?

バランスファンドは、投資信託の一種です。投資信託と同じように、複数の金融商品が一つにまとめられています。一般的な投資信託との大きな違いは、株式だけではなく、国債や不動産(REIT)などの金融商品も含まれているところです。

例えば、株式中心の投資信託が「国内株式◯◯%/外国株式■■%」というような資産配分になっているのに対して、バランスファンドの場合は、「国内株式25%/国内債券25%/外国株式25%/外国債券25%」というように、株式と債券がバランスよく含まれています。(割合はファンドによって変わります)

なぜ株式以外の金融商品を含める必要があるのかといえば、市場のリスクを減らせるというメリットがあるからです。

バランスファンドのメリット・デメリット

例えばリーマンショックやテロ事件など、市場に大きなマイナス影響を及ぼす事件が起こると、株価は下がり始めます。このような場合、投資家はリスクを嫌ってリスクの少ない国債に資金を移動させ始めます。すると、株式に比べて相対的に国債の価値が上がり始めます。

ですので、株式と国債をセットで購入しておけば、どちらか一方だけを購入しておくよりも、市場のリスクに強くなります。株価が下がれば国債が上がりますし、国債が下がれば株価が上がりますので。

この市場に対してリスク耐性が強まる点が、バランスファンドのメリットです。

また、バランスファンドは自動的に資産配分を再調整(リバランスしてくれるところも大きなメリットの1つです。

どういうことかといいますと、「国内株式25%/国内債券25%/外国株式25%/外国債券25%」のバランスファンドであれば、この比率を維持するようにファンド運用者が勝手にリバランスしてくれるということです。

例えば上記の「国内株式25%/国内債券25%/外国株式25%/外国債券25%」のバランスファンドに投資した1年後、市場の影響で「国内株式10%/国内債券20%/外国株式30%/外国債券40%」になったとします。そうすると、自動的に「国内株式25%/国内債券25%/外国株式25%/外国債券25%」に資産配分をリバランスしてくれるわけです。

いちいち自分でリバランスする必要はありません。これは、投資に時間が避けない人にとって助かりますね。

しかし、当然ですがバランスファンドにはメリットばかりでなく、デメリットもあります。それは「手数料」です。

バランスファンドはファンド運用者が勝手にリバランスしてくれるわけですから、その分の手間賃が手数料として上乗せされています。ですので、リバランスしてくれない一般的な投資信託と比べて、バランスファンドの手数料は高い傾向にあります。

ただ、このバランスファンドの手数料問題は、最近の投資信託ブーム(各社の手数料引き下げ競争)のおかげで解消されつつあります。

実はバランスファンドの手数料は安い!?

一昔前まで、バランスファンドは手数料1%以上のものが普通でした。低コストのインデックス投資信託の場合、手数料1%を下回るものも沢山ありますから、バランスファンドの手数料は非常に高かったといえます。

しかし、最近は手数料1%を切るバランスファンドも販売され始めています。以下に紹介する3つのバランスファンドは、低コストのインデックス投資信託と同等の手数料を実現しています。

低コストのおすすめバランスファンド3選

以上、3つのバランスファンドは0.3%台以下の手数料です。しかも純資産(運用資産)が右肩上がりに上昇しているので、投資家からの信頼も厚いバランスファンドといえます。

自分で個別の投資信託を購入してリバランスしてみたい人は、「初心者のための資産ポートフォリオ作成手順」で紹介しているような投資方法を実践するのもいいでしょう。

しかし、日本株に何%、外国株に何%、そして、NISAと確定拠出年金(iDeCo)にはいくらいくら…、というようなことを考えるのが煩わしいのであれば、低コストのバランスファンドを1つ選んで積立投資し続けるというのも良い方法です。

投資に割く時間を減らしつつ、お金は増やし続ける。資産運用についてあれこれ悩む必要はありません。

管理人
投資初心者の方は、まずはバランスファンドで資産運用をはじめてみるというのも良いと思います。

投資の知識がないからといいって、何にも投資しないで「どうしようかなぁ・・・」と悩んでいるより、バランスファンドに投資してしまえばリスクを抑えつつ資産を増やしていけます。

-資産運用, 投資信託

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.