資産運用 ETF

【証券会社】海外ETFにおすすめの証券会社(手数料が安い順)

更新日:

夕日にかざした両手のハートマーク

ETFには、国内市場に上場している国内ETFと、海外市場に上場している海外ETFとがあります。

前回の記事にて「国内ETF売買手数料の安い証券会社」は紹介しましたので、今回は海外ETF売買手数料安い証券会社を紹介します。

 

実は、海外ETFは一部の証券会社でしか取り扱っていません

 

その中でも、米国市場に上場している海外ETFをまともに取り扱っているネット証券は、わずか6社です。

以下にその6社を手数料の安い順にランキングしましたので、海外ETFを購入する際の参考にしてみてください。

海外ETFを取り扱っている証券会社一覧

証券会社名海外ETFの取扱い海外ETF取扱い銘柄数売買手数料
楽天証券
約349銘柄・約定代金の0.45%
※最低手数料5ドル
※上限手数料20ドル
SBI証券
約292銘柄・約定代金の0.45%
※最低手数料5ドル
※上限手数料20ドル
マネックス証券
約229銘柄・約定代金の0.45%
※最低手数料5ドル
※上限手数料20ドル
大和証券

※一部銘柄のみインターネットから取引可能
-
むさし証券

※一部取り扱いあり
※店頭取引のみ。ネット取引不可
-
野村證券

※一部取り扱いあり
※店頭取引のみ。ネット取引不可
-

以上が、海外ETF(米国市場に上場)を取り扱っている証券会社一覧です。

ご覧の通り、海外ETFを取り扱っている6社といっても、大和証券・むさし証券・野村證券はネットからの売買を制限しています。

 

正直いって、まともに使えるのは楽天証券・SBI証券・マネックス証券の3社のみです。

 

よって、海外ETFを売買するにあたっては、楽天証券・SBI証券・マネックス証券の3社以外の証券会社は無視してOKです。

今後の展開に期待しましょう。

海外ETF売買手数料の安い証券会社BEST3

海外ETFをまともに扱っている「楽天証券」「SBI証券」「マネックス証券」の海外ETF購入手数料に差はありません。

以前はSBI証券とマネックス証券が最安で、楽天証券の手数料だけ少し高かったのですが、最近手数料引き下げを行いました。

ですので、現在は全社横並びです。具体的な手数料は以下のようになります。(1ドル100円換算)

 

  • 約11万円以下の購入:5ドル
  • 約11万円〜約44万円の購入:約定代金の0.45%
  • 約44万円以上の購入:20ドル

 

たとえば、海外ETFを5万円買う場合、手数料は5ドルです。10万円でも5ドルです。

44万円以上買う場合は、50万円でも100万円でも手数料は20ドルです。20ドルが上限なので、それ以上手数料はかかりません。

ですので、海外ETF購入手数料が安い証券会社の順位は、楽天証券・SBI証券・マネックス証券、すべて同列となります。

ただ、後述する「ゼロETF」を理由にマネックス証券をおすすめします。

一番おすすめの証券会社は?

マネックス証券

楽天証券・SBI証券・マネックス証券の3社の中で、一番おすすめの証券会社はマネックス証券です。

なぜなら、マネックス証券には「ゼロETF」があるからです。

「ゼロETF」とは、米国市場に上場している特定のETFを売買手数料0円で購入できるサービスです。このサービスは、楽天証券にもSBI証券にもありません。

米国に投資!米国株におすすめの証券会社はココ!

アメリカは先進国で数少ない人口増加国です。 経済指標(NYダウやS&P500など)は右肩上がりに上昇していますし、GDPも伸びています。 ブラックマンデーもリーマンショックもなんのその。大恐慌が起こっ ...

もし、あなたが買いたい海外ETFがマネックス証券のゼロETFサービスの対象であれば、手数料無料で買えます。

楽天証券・SBI証券を使うより、マネックス証券を使うほうがお得です。

公式 マネックス証券

 

▼国内ETFにおすすめの証券会社は以下の記事で紹介しています。

小さい順に並べられたゴールドプレート
【証券会社】ETFにおすすめの証券会社(手数料が安い順ランキング)

ETFは別名「上場投資信託(株式市場に上場された投資信託)」と呼ばれています。 名前から分かる通り、ETFは株式市場に上場された投資商品として扱われています。ですので、ETFを売買するときには株式を売 ...

-資産運用, ETF

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.