節約 クレジットカード

【クレジットカード】楽天カードは節約におすすめ。AmazonMasterCardクラシックよりお得!

更新日:

rainbow of credit

節約してますか?資産運用のブログで節約の記事を扱うなんて、ズレてると思われるかもしれませんが、節約と資産運用は大いに関係があります。

資産運用をはじめるためには、ある程度まとまったお金が必要になります。ですので、生活するためのお金とは別に投資に回せるお金を作るらなくてはなりません。

しかし、投資資金を作るために副業をはじめるのは結構大変です。平日帰宅してから副業に取り組むのは体力的にも精神的にキツイと思います。かといって、週末や休日を副業にあてると休める日がなくなってしまいます。さて、どうすればいいでしょうか?

節約です。一番簡単な方法は、「節約」から始めることです。投資資金を節約して作るアプローチには、以下の2つのメリットがあります。

  • 自分がいくら無駄使いしてるのか良くわかる
  • 稼ぎが増えても浪費しないので、お金が増えるスピードが上がる

いくら本業や副業で収入が増えたとしても、その分無駄使いしていてはお金は貯まっていきません。穴の空いたバケツにせっせと水を入れているようなものです。まずは、どこに穴が開いているのかを見つけてふさいでやる必要があります。この作業が「節約」です。

節約が習慣化してくると、今まで無駄づかいしていた分のお金を投資に回せるようになります。投資のためのお金が増えるわけですから、それにともなって投資リターンも増えていきます

例として、投資資金100万円の場合と1000万円の場合で投資リターンを比較してみましょう。100万円を年利1%の投資信託に投資した場合の年間リターンは1万円です。1000万円の場合は10万円になります。大きな違いです。お金の増えるスピードはどんどん上がっていきます。

「節約」という言葉には、どうしても「ケチ」というネガティブなイメージがつきまといますが、『節約≠ケチ』です。

節約は馬鹿にできません。節約は、無駄づかいをなくして効率的にお金を増やす技術です。資産運用を続けていく上で、無くてはならないスキルです。必ず身につけましょう。

とはいっても、いままで節約してこなかった人や、浪費癖(お金を使いすぎてしまう)が身についている人は、何をどう節約すればいいのかよくわからないかもしれません。そういう人は、まずクレジットカードを変更するのをおすすめします。小さなことかと思われるかもしれませんが、クレジットカードを変えるだけでかなり節約できます。

年会費無料で使うほどポイントが貯まるお得なクレジットカードに変更すれば、無駄使いしていたお金がポイント還元されます。貯まったポイントは次回の買い物時に現金として使えますから、その分節約できます。

つまり、現在の生活レベルを落とさず、無駄遣いもそのままの状態でOKというわけです。それでも、クレジットカードを変更するだけで、ポイント還元分は節約できてしまうというわけです。

これなら、無駄使い体質の人でも無理なく節約をはじめられます。問題は、「どのクレジットカードに変更すれば良いのか?」ということです。

単純に年会費無料のクレジットカードを選んではダメ!

節約したいからといって、単純に年会費無料のクレジットカードを選べば良いのかというと、そうでもありません。なぜなら、年会費無料であっても、使い勝手が悪ければ何の意味もないからです。結局クレジットカードを変えても使わなくなります。使わなければ当然ポイント還元されませんので、節約できません。

節約して投資に回せるお金を増やすためにクレジットカードを切り替えたのに、節約できないなら本末転倒です。ですので、できるだけ使い勝手がよい年間費無料のクレジットカードを選びましょう。

どんなクレジットカードであれば「使い勝手がいい」といえるのか?という問いの答えは簡単です。以下の2つの条件をクリアしていれば、使い勝手がいいクレジットカードということができます。

  • 自分が良く使うお店でポイント還元してもらえる
  • ポイントを使うのに煩わしい手間がかからない

今の時代、買い物するといえば「楽天」か「Amazon」ではないでしょうか?(私はこの2つのネットショップで、ほぼ全ての買い物を済ませています。本、食品、日用品は当然のこと、服やカバンなども買っています)むしろ、楽天とアマゾンで買い物しない人の方が少ないでしょう。

もちろん、レストランやコンビニでもクレジットカードを使うとは思いますが、楽天とアマゾンで使っている年間総額は非常に大きいと思います。ですので、「もっともよく使うお店=楽天もしくはamazon」といっても過言ではないはずです。

ですので、楽天とアマゾンで使った時にポイント還元率が高いクレジットカードを選べばたくさん節約できます。

また、貯まったポイントを使うのに煩わしい手間がかからないクレジットカードを選ぶことも大切です。なぜなら、いくらポイント還元率が高くても、ポイント還元条件が厳しいと利用しなくなるからです。ちょっとイメージしにくいと思いますので、具体例を出します。

クレジットカードの中には、楽天で使ってもアマゾンで使っても、常に2%もポイント還元されるクレジットカードがあります。しかし、実は特定のサイトに一度ログインし、そのサイトを経由してから楽天もしくはアマゾンで購入しなくては2%ポイント還元されないという条件があります。そんな煩わしいこと続けられるでしょうか…?

一度や二度なら耐えられるかもしれません。しかし、毎回ネットで買い物するたび、一度他サイトを経由するのは面倒です。徐々に適当になってくるはずです。

いくら高ポイント還元率のクレジットカードに変えても、10回の買い物中、2回しかポイント還元の条件をクリアできないなら、十分に節約できていないことになります。ですので、できるだけポイントを貯めるのに余計な手間がかからないクレジットカードを選びましょう。

要するに、『ポイント還元の条件が少ない』『楽天もしくはAmazonで使った時にポイント還元率が高い』『年会費無料』のクレジットカードがベスト。ということです。

楽天とAmazonでポイント還元率が高い!年会費無料のクレジットカード2選

当然といえば当然ですが、楽天で使うとポイント還元率が高いクレジットカードは、楽天が発行している「楽天カード」です。年会費は無料です。

Amazonで使うとポイント還元率が高いクレジットカードは、Amazonが発行している「Amazon MasterCardクラシック」です。年会費は1350円(初年度無料)ですが、年一回でも使えば翌年の年会費は無料になるので、年会費実質無料です。

どちらのクレジットカードでも、貯まったポイントはそのまま次回の買い物時に使えます。他サイトで貯まったポイントを変換する煩わしさもありませんし、他サイト経由で買い物しなければポイントが貯まらないということもありません。

ただ、「楽天カード」と「Amazon MasterCardクラシック」はポイント還元率が違うので注意が必要です。

楽天カードは、楽天市場や楽天ブックスなど、楽天市場系列のお店で使うとポイントが2%付加されます(各種オプションで6%までポイント還元可能)。その他のお店で買物したときは、1%ポイント還元されます。

Amazon MasterCardクラシックは、アマゾンで買い物する時に使うとポイント1.5%付加されます。(各種オプションで2%まで還元可能)。その他のお店で買物したときは、1%ポイント還元されます。

ですので、楽天で買い物することが多い人、もしくはネットでの買い物は楽天に統一するという人は、「楽天カード」がお得です。

逆に、Amazonで買い物することが多い人、もしくはネットでの買い物はAmazonに統一するという人は、「Amazon MasterCardクラシック」がお得ということになります。

ただ、私は以下の理由からAmazon MasterCardクラシックよりも楽天カードの方がお得だと考えています。

楽天カードがAmazon MasterCardクラシックよりお得な理由

楽天カードは、以下の2点でAmazon MasterCardクラシックよりお得です。

  • 楽天カードのポイント還元率は6%まで引き上げ可能
  • 楽天カードは海外旅行傷害保険が付いている

楽天カードとAmazon MasterCardクラシックには、ポイント還元率の上限に大きな差があります。楽天カードはどこで使おうとポイント還元率1%なのに加えて、楽天市場で使うとポイント還元2%になります。

また、楽天市場のスマホアプリから商品を購入すると更にポイント還元率UP。楽天モバイルを使うと更にアップ。というように、楽天関連のサービスを使うほどポイント還元率がUPしていきます。最終的に6%までポイント還元率を引き上げられます

常時6%のポイント還元率は異常です。いくらAmazonをよく使う人であっても、このポイント還元率の高さは無視できないと思います。ネットでの買い物をAmazonから楽天に切り替えるのに十分すぎる魅力です。

参考楽天ポイント6倍の効果!楽天カードを使って楽天市場で買い物しよう!

くわえて、楽天カードには海外旅行傷害保険が付いています。Amazon MasterCardクラシックには、海外旅行傷害保険が付いていません。ココ重要です!

楽天カードの海外旅行傷害保険の詳細

引用楽天カード: 海外旅行傷害保険

海外旅行する場合、Amazonのクレジットカードを持っていても何の保証もされませんから、別途 海外旅行保険に入るか、海外旅行障害保険付きのクレジットカードを持っていく必要があります。

楽天カードの場合、自宅から空港までのタクシー代や電車代、もしくは航空券を楽天カードで決済すれば、自動的に海外旅行傷害保険が付加されます。非常に便利です。

海外旅行に行く予定がある人、もしくはよく海外旅行に行く人は、Amazon MasterCardクラシックより楽天カードを使う方が安心です。

まとめますと、楽天カードとAmazon MasterCardクラシックの大きな違いは「ポイント還元率」と「海外旅行傷害保険」の2点ということになります。もう少し詳しく知りたい方もいらっしゃるかもしれませんので、以下に比較表を載せておきます。参考にしてみてください。

楽天カードとアマゾンクレジットカードの比較

 楽天カードAmazonMasterCard
年会費無料1350円
(初年度無料/年一回利用すれば翌年無料)
ポイント還元率基本1%
(楽天市場で利用時は4%/最大6%まで引き上げ可能)
基本1%
(Amazon.co.jp利用時は1.5%/Amazonプライム会員は2%)
買い物保障500万円まで保証
(不正利用された場合)
年間100万円まで保証
(海外での利用、および国内での3回以上のリボ払い・分割払いのご利用のみ対象)
カード利用枠5〜100万円
(信用力によって変わる。300万円まで枠が貰える場合もある)
10〜80万円
支払い方法一括払い
分割払い
リボ払い
ボーナス一括払い
一括払い
分割払い
リボ払い
ボーナス一括払い
支払日末日締め翌月26日払い末日締め翌月27日払い
利用可能ブランドMastercard/JCB/VisaMasterCardのみ
海外旅行傷害保険最高2000万円なし
審査優しい
(かなり簡単に審査が通る)
厳しい
(審査落ちする人も多い)

以上が、楽天カードとAmazonMasterCardクラシックの主な付帯サービス詳細になります。

最後に楽天カードのメリットをまとめておきます。

楽天カードのメリットまとめ

  • 年会費無料
  • 簡単にポイント還元6%まで引き上げ可能
  • カードの審査がやさしい(落ちる人の方が少ないほど)
  • 海外旅行傷害保険つきで海外旅行も安心
  • 盗難保証(不正利用保証)付きで安全にネットショッピング可能

年会費無料で6%までポイント還元可能、しかも海外旅行傷害保険までついているクレジットカードは他にありません。

また、カードが不正利用された場合は、楽天が自動的にクレジットカード使用不可にしてくれます。勝手に使われ続ける心配はありませんし、不正利用分を自分が支払う必要もありません。積極的にクレジットカードを利用しても大丈夫です。

(※ちなみに、私は一度海外のネットショッピングで不正利用されたことがあります。しかし、楽天から連絡があり、不正利用分は支払わずにすみました。もちろん、カードはすぐに再発行してもらえました)

まとめ

楽天カードはポイント還元率が高い(6%)ので、クレジットカードを使いすぎてしまう人にも、あまりクレジットカードは使わない人にもオススメできます。

例えば毎月の支出10万円分を楽天カードで支払った場合、6000ポイント貯めることができます(ポイント還元率6%の場合)。一年間だと7万2000ポイント貯めることが出来ます。1ポイント=1円分として利用可能ですので、年間7万6000円分節約できるということです。

つまり、7万2000円投資に回せるお金が貯められるわけです。立派な資産運用の始まりです。

「節約なんてめんどくさい…」と思わずに、ぜひチャレンジしてみてください。やるべきことはたった1つ。クレジットカードを楽天カードに切り替える。それだけです。あとは、出来るかぎり楽天カードを使うようにすれば、自然と節約できます。

現在、楽天カードに申し込むと5000円分のポイントをタダもらえるのでお得です。スタートダッシュをかけて資産運用をはじめられます。

参考 楽天カード

すでに楽天カードを持っている人は、クレジットカード二枚持ちでさらに効率的にポイントを貯めるのもアリです。

ポイント還元率10%を超えるおすすめクレジットカードを紹介していますので、参考にしてみてください。

参考クレジットカード二枚目はポイント還元率で選ぶ!おすすめ高還元率クレジットカード

-節約, クレジットカード
-

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.