資産運用 NISA

NISAと積立NISAの違いを比較(メリット・デメリット比較)

更新日:

赤ちゃんとお姉ちゃん

2018年1月から「積立NISAつみたてNISA)」が始まります。

今までのNISA(現行NISA。以下NISA)との大きな違いは「投資期間」「投資できる金額」「投資できる商品」の3つです。

全てにおいてNISAより積立NISAの方が優れているわけではありません。

自分の投資できる金額、投資できる期間、投資したい商品(株・ETF・投資信託など)によって、どちらを選ぶべきか変わってきます。

 

「NISAも積立NISAも両方利用すりゃいいじゃん!」

 

その通りです。

しかし、NISAと積立NISAの両方を利用することはできません。ですので、どちらか一方を選ぶ必要があります。

  • 今からNISA制度を利用したいけど、どちらを選べばいいのかな?
  • 今までNISAで投資してきたけど、積立NISAに切り替えるべきかな?

という人のために、NISAと積立NISAのメリットデメリットと、それぞれの違い比較してみました。

NISAに申し込みする前に、サラッと一読してNISAと積立NISAのどちらがあなたに合っているのか確かめてみてください。

NISAと積立NISAの違いを比較(一覧表)

 NISA(現行NISA)積立NISA(つみたてNISA)
対象年齢20歳以上20歳以上
運用期間
(非課税になる期間)
5年20年
年間投資上限金額
(1年間に投資できる金額)
120万円40万円
総投資可能額最大600万円最大800万円
投資できる商品株式(国内・海外)
ETF
REIT

投資信託
ETF
投資信託
(どちらも国が定めた基準を満たしたもののみ)
非課税対象配当への課税
売買益への課税
配当への課税
売買益への課税
制度が終わる時期2023年開設分で終了2037年開設分で終了
切り替えタイミング1年ごとに切替可能
(NISA⇔積立てNISA)
1年ごとに切替可能
(NISA⇔積立てNISA)
引き出せる時期いつでも引き出し可能いつでも引き出し可能

NISA(現行NISA)のメリット

NISA(現行NISA)の3つのメリット
  • 年間120万円まで投資可能
  • 株式にもETFにも投資できる
  • ロールオーバーで5年以上投資可能

年間120万円まで投資可能

NISAでは年間120万円まで投資することができます。

ただ、NISAの120万円分の枠の中で株式等を売ったり買ったりすることはできません。たとえば、1月にNISA口座で120万円投資し、2月に120万円売却し、3月にまた120万円投資するというようなことはできません。

年間に投資できる上限金額が120万円ということです。上記の例だと合計240万円投資することになりますよね?そういうことはできないんです。

合計120万円投資したら、もうその年はNISA口座で追加投資することはできません。ただ、売却はいつでもできますのでご安心を。

株式にもETFにも投資できる

積立NISAが、国が指定したETFもしくは投資信託にしか投資できないのに対して、NISAでは株式・ETF・REIT・投資信託のどれにでも投資できます。

もちろん、海外株式にも海外ETFにも投資可能です。

  • 積立NISAで投資できる銘柄に、自分が投資したいものがない
  • 「○○の株に投資したい!」というように、投資したい銘柄が決まっている人

こういう人は、投資銘柄が自由に選べるNISAは魅力的でしょう。

ロールオーバーで5年以上投資可能

NISAで非課税運用できる期間は「最長5年」です。

6年目には、5年前に投資したNISA口座のお金を売却するか、特別口座(もしくは一般口座)に移管必要があります。

たとえばNISA口座で投資した120万円が5年後に500万円になっていたとすれば、6年目には特定口座(または一般口座)に移管する。もしくは、売却して現金として持っておく必要があるわけです。

特定口座・一般口座で投資した場合は、売却益にも配当にも約20%課税されます。現金で持っていると、インフレによって現金の価値は目減りしていきます。

悩ましい問題ですよね…

でも、NISAには「ロールオーバー」という救済措置があります。

5年間NISA口座で投資したお金を、さらにもう5年間あらたなNISA口座で投資することができます。ロールオーバーできるのは1回だけですので、最長10年間NISA口座で非課税運用できるというわけです。

しかも、ロールオーバーできる金額に上限はありません

たとえば、5年前にNISAで120万円投資して、5年後に500万円になっていたとしても、そのまま500万円をあらたなNISA口座にロールオーバーできます。

120万円以上でもOKなんです。500万円を5年間 非課税で運用できます。

(2017年まではロールオーバーの上限金額は120万円だったのですが、2018年から撤廃されました)

NISA(現行NISA)のデメリット

NISA(現行NISA)のここはデメリットかも…
  • 投資期間が短い
  • 制度終了時期が早い

投資期間が短い

NISAの非課税運用期間は原則5年です。ロールオーバーを利用すると最長10年間非課税で運用できます。

とはいえ、積立NISAの場合は20年間非課税運用できますから、NISAの投資期間は積立NISAと比べると短めです。

制度終了時期が早い

NISA制度の終了時期は決まってます。2023年に開設された分で終了です。(2023年にNISA口座で投資したお金は、2027年まで5年間 非課税運用されます)

現在2018年ですから、今年含めて残り6年しかありません。

NISAの非課税運用のメリットを最大限利用するためには、できるだけ早くNISA口座を開設して投資し始めたほうがいいでしょう。

積立NISAのメリット

積立NISAの3つのメリット
  • 長期間投資できる
  • 総投資可能額が多い(800万円)
  • 制度終了時期が長い

長期間投資できる

積立NISAは最長20年間非課税で運用できます。

NISAと違って積立NISAにロールオーバー制度はありません。しかし、NISAでロールオーバー制度を使った場合(最長10年)より、2倍も長い期間非課税で資産運用できます。

20代30代の若い世代は、まだ十分に投資可能な時間が残されていますから、長期間運用できる積立NISAと相性がいいですね。

総投資可能額が多い(800万円)

積立NISAでは毎年40万円投資することができます。

毎年40万円、20年間投資し続けると「40万円×20年=800万円」となり、最大800万円を非課税で運用できることになります。

NISAの場合は「120万円×5年=600万円」ですから、200万円分 積立NISAの方が非課税で運用できる金額が多いです。

制度終了時期が長い

積立NISAもNISAと同じく制度終了時期が決まっています。2037年に開設された分で終了します。(2037年に積立NISA口座で投資したお金は、2057年まで20年間 非課税運用されます)

今年(2018年)を含めて、制度終了まで20年間もあります。安心して長期投資できます。

積立NISAのデメリット

積立NISAのここはデメリットかも…
  • 年間40万円しか投資できない
  • 株式・REITなどには投資できない

年間40万円しか投資できない

積立NISAでは年間40万円までしか投資できません。

長期間 非課税で投資できるとはいえ、投資資金に余裕がある人にとっては、かなり物足りない金額です。

株式・REITなどには投資できない

積立NISAでは、国が選定した銘柄にしか投資できません。しかも、投資対象は投資信託とETFに限られています。

もし、自分で選んだ株やREITなどに投資したい場合は、積立NISAではなくNISAを選ぶ必要があります。

NISAと積立NISAのどちらがおすすめ?

NISA(現行NISA)はこんな人におすすめ!

  • 株・ETF・REITなどに投資したい人
  • 投資できるお金がたくさんある人
  • 投資できる期間が短い人

自分で投資対象を選びたい人は(上昇が見込める株・ETF等を選ぶスキルがある)、NISAを利用するのがおすすめです。

たとえば、インドやアフリカなど、これから延びそうな国の株やETFに大きく投資してみたいのであれば、積立NISAではなくNISAを選ぶ必要があります。積立NISAでは、国が選定した銘柄にしか投資できませんので。

また、投資できるお金に余裕がある人にもNISAはおすすめです。

ロールオーバーを利用すれば、投資元本120万円を最長10年間も非課税で運用できます。

積立NISAの1/2の運用期間とはいえ、120万円を非課税で10年も投資できるわけですから、運用期間の短さは投資金額の多さで十分カバーできるでしょう。

もし、あなたが50〜60歳以上なのであれば、現実的に考えて投資可能な時間はそれほど残されていません。ですので、20年間非課税運用できる積立NISAのメリットは享受できないでしょう。

よって、年配の方は積立NISAよりNISAを利用したほうがいいのではないかなと思います。

積立NISAはこんな人におすすめ!

  • 投資できるお金が少なめな人
  • これから資産運用(資産形成)をはじめる人
  • 投資銘柄選びが苦手な人

投資にまわせるお金が少ない人は、NISAより積立NISAの方がおすすめです。

毎年120万円も投資できないのに、わざわざNISAを選ぶ必要はありません。投資枠を使い切れない上に、非課税運用期間は5年間ですからね。20年間 非課税で運用できる積立NISAを選ぶほうがいいでしょう。

また、何に投資していいかわからない人にも、積立NISAはおすすめできます。

積立NISAで投資できる銘柄は、国がOKを出している比較的安全な優良銘柄に限られていますので。

積立NISAで投資できる銘柄の中から1番低コストの銘柄を選ぶだけで、安全で優良な投資信託(もしくはETF)に投資できるでしょう。

どの証券会社でNISA口座・積立NISA口座を作ればいいの?

NISA・積立NISAを利用するには、証券会社でNISA口座もしくは積立NISA口座を開設する必要があります。

これは、一般口座・特定口座とは別です。

ですので、すでに証券会社で一般口座か特定口座を開設している人であっても、別途NISA口座か積立NISA口座を開設する必要があります。

たとえば「楽天証券でNISA口座を開設し、SBI証券では特定口座で投資する」というように、2つの証券会社を使うこともできます。

しかし、NISA口座の残高を楽天証券で確認し、特定口座の残高をSBI証券で確認し…というように、管理に手間がかかってしまいます。

1〜2年は気にならないかもしれませんが、10〜20年間の投資期間で考えると、この手間は大きなストレスになるはずです。

手間はなるべく減らしておくほうがベターです。

ですので、今メインで使っている証券会社でNISAもしくは積立NISAの口座を開設するのがおすすめです。

私はメインで使っている証券会社が楽天証券なので、NISA口座も楽天証券で開設しています。

楽天証券のNISA口座であれば、国内株式の売買手数料が無料になります。

また、海外ETFの買い付け手数料は全額キャッシュバックで返金してもらえます。(実質無料)

SBI証券のNISA口座でも、楽天証券と同様、国内株式の売買手数料は無料です。海外ETFの買い付け手数料も無料です。

はじめて証券口座を開設する人は、楽天証券かSBI証券を選んでおけば、まず間違いあリません

どちらを選んでも手数料や購入できる銘柄に差はほぼありませんので、好きな方を選べばOKです。

楽天証券とSBI証券のメリットデメリット比較。おすすめはどっち?

証券会社はたくさんありますが、初心者におすすめの証券会社はどの証券会社でしょうか?   多くの方は「楽天証券かSBI証券かな?」っとイメージしたのではないでしょうか。それで正解です。間違いあ ...

-資産運用, NISA

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.