資産運用 投資信託

積立シュミレーションで毎月の積立額を明確に!資産運用に必須のシュミレーションツール紹介

投稿日:

円グラフと棒グラフ

資産運用の目標額と達成までの期間、決めてますか?

参考資産運用の目標金額は決まってますか?私の資産運用の目標金額の決め方について

私は、50代で1億6000万円貯めると決めています。

でも、目標額と期間を決めても、結局毎月いくら積み立てればいいのかよく分かりませんよね?

そういうときは、積立シュミレーションツールを使えばOKです。

目標額と期間と想定利回りを入力すれば、自動的に毎月の積立額を算出してくれます。

楽天証券の積立シュミレーションツール紹介

楽天証券の積立シュミレーションツールは無料で使えます。

まず、こちらのリンクにアクセスしてください。

参考積立かんたんシミュレーション

 

楽天証券の積立投資シュミレーション_01

上画像のように「積立かんたんシュミレーション」画面が表示されると思います。

積立かんたんシュミレーションは、「毎月の積み立て額」と「想定利回り」と「リターン」から『最終積立金額』を算出することも、「最終積立金額」と「毎月の積み立て額」と「積立期間」から『リターン』を算出することもできます。

ただ、今回は「最終積立金額」と「積立期間」と「予想リターン」から『毎月の積み立て額』を算出しますので、赤枠で囲った「目標金額を達成するための毎月積み立て額を計算する」をクリックします。

 

楽天証券の積立投資シュミレーション_02

最終積立金額に、私の目標金額をである1億6000万円を入力します。

長期投資ですので、積立期間は30年

インデックス投資信託に投資するので、リターンは5%とします。

計算結果は19万2248円

毎月約20万円積み立てれば、30年で1億6000万円貯めれそうです。結構ハードですね。

でも、副業で月20万円稼げばいいわけですから、手が届かない金額ではなさそうです。副業で稼げれば、の話ですが…。

 

楽天証券の積立投資シュミレーション_03

ちなみに、積立期間を25年にすると、毎月の積立額は26万8677円になります。

月30万円近く積み立てるとなると、ちょっと胃がキリキリしてきますね。生活を切りつめて、パートやアルバイトをすれば…なんとかなるでしょうか?

 

楽天証券の積立投資シュミレーション_04

積立期間を20年にすると、毎月の積立額は38万9263円になります。

毎月40万円も積み立てるとなると、無謀な領域ですね。もちろん、人それぞれでしょうけど、かなり生活に余裕がなくなることは間違いないと思います。

生活を楽しみながら投資するのであれば、やはり25〜30年の長期投資スタイルのほうが良いでしょう。

まとめ

積立シュミレーションツールで、毎月の積立額を明確にしましょう

毎月の積立額が明確になれば、具体的にやるべきことが見えてきます

節約だけでは不十分かもしれません。副業に挑戦する必要があるかもしれません。

もしくは、投資信託では、目標積立金額を達成できないことがわかるかもしれません。その場合は、目標金額を下げるか、投資スタイルを変更しないといけませんね。

このように、いろいろすべきことがみえてくるので、積立シュミレーションするのはおすすめです。

まだ使ったことのない人は、時間がある時にぜひ。

参考積立かんたんシミュレーション
参考 楽天証券

-資産運用, 投資信託

Copyright© シンプル資産運用術 , 2018 All Rights Reserved.